ページの先頭です

このページの本文へジャンプ

ここから本文です

事例・実績のご紹介 : ケーススタディ Vol.2

本社ビルの老朽化を契機とした資産の入れ替えとキャッシュフロー、収益の改善。

対象企業の現況

  • 都内に本社ビルを持つメーカー
  • 業績は順調で純資産・現預金ともに厚い
  • 本社ビルは「旧耐震」設計で何らかの形で建て替える必要がある

検討のポイント

  • 現地に建て替えるか売却移転するか
  • 売却の場合、収益をどう使うか
  • 税務対策 など

提案の概要

  1. 老朽化している本社ビル・土地の売却
  2. 代替資産取得
    • 節税
    • 現預金も含む資産の有効活用
    • 賃貸資産による収益改善
  3. 本社機能の賃貸ビル(低賃料)への移転

[ 図 ] 提案の概要

効果

現預金を圧縮して資産効率の改善をはかった結果、不動産資産による収益が改善され経常利益も順調に増加しました。

B/S

[ 図 ] 効果 B/S

P/L

[ 図 ] 効果 P/L

ページの先頭へジャンプ