ページの先頭です

このページの本文へジャンプ

事業承継対策の一例:経営者の個人債務整理のための土地売却
【不動産投資・投資用不動産なら三井不動産リアルティ】

ここから本文です

事業承継

経営者の貸付金整理のため
土地を売却、
土地を賃貸へ

監修:広田龍介
税理士法人タントコンサルティング代表社員(永田町支店)
株式会社タクトコンサルティング監査役

イメージ:事業承継

ここから本文です

事業承継対策の一例 - 経営者の貸付金整理のため土地を売却、土地を賃貸へ

イメージ:経営者の貸付金整理のため土地を売却、土地を賃貸へとは

法人の決算書に計上されている借入金のうち、経営者名義のものについて、法人の建物敷地を社長に売却することで返済します。
社長個人の資産は金銭債権から不動産になるため、相続税評価額の圧縮効果を得ることもできます。
建物敷地は個人所有となるため、個人・法人間で土地賃貸借契約をし、連名で所管税務署に「無償変換の届出書」を提出することで、借地権の認定課税を回避します。

一人一人のお客様と、末永いお付き合いを。「三井不動産リアルティ」コンサルティング営業部が承ります。
  • 0120-321-376
  • 受付時間 9:30~18:00(日・祝除く)
  • 問い合わせる
※監修:広田龍介

ご相談窓口

まずは、お気軽にご相談ください。専門スタッフが迅速・丁寧にお応えします。

コンサルティング営業部

0120-321-376

  • 受付時間:9:30~18:00
    (日・祝除く)

ご購入に関するお問い合わせ

問い合わせる

ご売却に関するお問い合わせ

問い合わせる

その他のお問い合わせ

問い合わせる

セミナー情報

お役立ち情報満載 セミナー情報一覧

不動産投資File

最新の高利回り物件情報やセミナー情報をお届けします!

各種コンテンツ

不動産投資

不動産活用

相続

ページの先頭へジャンプ