ページの先頭です

このページの本文へジャンプ

底地(貸し宅地)でお困りではありませんか? 投資・業務用不動産 三井のリハウス

ここから本文です

底地(貸し宅地)でお困りではありませんか?

底地(貸し宅地)に関するお悩みに、
三井不動産リアルティが解決方法をご提案させて頂きます。

底地とはご自身が所有する宅地に、建物を所有する借地権者がおり、土地の賃貸借契約に基づき、一定の地代の支払いを受けている収益が見込める不動産です。

しかし、旧法(平成4年8月1日以前より存続する借地権)に基づく借地権者は借地法により手厚い保護をうけており、地主からみれば以下のような大きな問題を抱えています。

お困りではありませんか?

管理がわずらわしい

土地の賃借人である借地権者との間で、地代の改定、各種承諾(譲渡、建物建替、増改築等)を個別に交渉しなければなりません。

収益性が低い

借地権者とは長年の付き合いがあるのが一般的で、地代を大幅に増額することは難しいものです。仮に何の制限もない完全所有権の土地であれば、各種有効活用の幅も広がり、その時代にあった高い収益性を目指すことも可能ですが、それもかないません。

重い税金の負担

税金の負担増に伴う地代改定も借地権者にすんなり納得していただけるかは、わかりません。

相続の難しさ

個人の場合、相続にあたっては路線価に一定の決まった割合を乗じて評価されます。仮に、売却により納税を図ろうとしても、上記のような事情から納税可能な金額での売却がむずかしいケースがほとんどです。一方物納にも厳しい条件が付されており、簡単にはいきません。

対策は?

このように、底地は不動産として財産ではあるものの各種問題をかかえており、自身の財産なのに、ある意味自身の財産ではないような側面があります。ただし解決の道は必ず見つけられます。

解決には、安心できるパートナーの選定がポイントになります。
ぜひ、三井不動産リアルティ(株)にご用命下さい。


ご相談・ご質問はこちらへ

底地(貸し宅地)に関するお悩みでしたら、ぜひお気軽にお問い合せください。

担当部署
法人営業本部

03-6758-3105

受付時間:
平日9:30~18:00
FAX:
03-5510-1531
住所:
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング

問い合わせる

ご質問ご相談はお気軽に

まずは、お気軽にご相談ください。専門スタッフが迅速・丁寧にお応えします。

法人営業本部

<問い合わせ先>

  • 03-6758-3105
  • 受付時間:9:30~18:00
    (平日)
  • 住所:東京都千代田区霞が関3-2-5霞が関ビルディング
  • FAX:03-5510-1531
  • 各種ご相談

不動産査定・売却

売却のご相談

オフィス・店舗の賃貸

  • 三井不動産リアルティ

三井不動産リアルティのオフィス移転サポートシステム

各種コンテンツ

ページの先頭へジャンプ