貸すときのQ&A

契約・入居者募集に関して、お客様からよくいただくご質問とその回答を「Q&A形式」でご紹介します。

三井のリハウスで貸すメリットは?

長年のノウハウと地域に密着したネットワークを活かし、入居者募集から運用管理に至るまで、賃貸に関わる煩雑な業務を貸主様に代わってお引き受けいたします。貸主様のニーズにあわせた「賃貸サポートシステム」で、トータルにサポートいたします。

①長年の実績と経験

三井のリハウスが長年培ってきた実績と経験を活かし、市場ニーズや地域に合ったご提案が可能です。賃貸管理のプロ「三井のリハウス」は、初めてオーナーになる方にも選ばれています。

②スムーズな入居者募集

三井のリハウスならではの全国に広がるネットワーク、多彩なインターネット広告、大手企業との提携による独自ルートで、より多くのお客様をよりスピーディにご紹介できます。

③安心の運用管理

賃料の入金管理や設備故障の緊急対応など、充実のサポートシステムをご用意しております。「三井のリハウス」専門スタッフが、入居者からのお問い合わせにすばやく的確に対応いたします。

④ワンストップのご提案

「売る」「買う」「貸す」「借りる」すべてにおいてお手伝いをさせていただいている三井のリハウス。お客様の大切な資産を将来も見据えて総合的にサポートいたします。

入居者はすぐに見つかるの?

入居者の募集を開始してから決定するまでの期間は、賃貸条件、エリアの動向、時期などさまざまな要因が関わってくるため、市場の動向にあった賃貸条件の設定が大切です。また、3月など転勤や進学、就職などで引越しが多くなる時期にあわせて募集することによって、比較的早く決定する傾向が見受けられます。

入居者が申し込みをしてきたら?

入居申し込みがあった場合は、借主様と連帯保証人様について三井のリハウスの規定による確認を行った上、貸主様にご連絡させていただきます。
最終的なご判断は貸主様にお願いしています。

転勤が決まり、その期間だけ自宅を貸したいのですが、どのような方法がありますか?

一定期間のみ賃貸する「定期賃貸借契約」があります。期間は自由に設定することができ、貸主様は期間満了をもって退去しなければなりません。ただしデメリットとして、期間が限定されると借り手がつきにくい場合があります。

賃料や募集条件はこちらで自由に決めていいの?

賃料について

周辺エリアの成約事例や募集状況など、市場調査に基づいた適正な募集賃料について、エリアに精通する営業担当がご提案させていただきます。ご提案内容に基づき、最終的に貸主様にご判断いただきます。まずは、お気軽に賃料査定(無料)をご依頼ください。

募集条件について

賃料だけでなく、契約時の敷金・礼金、管理費、連帯保証人の有無やその他条件(例えばペットの飼育等)など、募集条件を詳細に設定する必要があります。
ただし、分譲マンションを貸す場合はマンションの管理規約等に基づいて利用条件を決める必要もありますので、事前の確認が必要です。

海外に居住する場合や帰国する場合に連絡は必要?

貸主様が海外転勤等で日本国外に居住するいわゆる「非居住者」となる場合は、日本国内に納税管理人の選任・届出が必要となります。また、借主様が法人の場合は、所得税法の規定により賃貸借契約時に授受される礼金や毎月お支払いになる賃料等の20.42%が源泉徴収されます。貸主様には、源泉徴収後の賃料等が支払われることとなります。
お手続きなどについてご説明いたしますので、必ず三井のリハウス担当者にご連絡ください。

入居中の管理に関して、お客様からよくいただくご質問とその回答を「Q&A形式」でご紹介します。
エリアによって異なる場合がございますので詳細につきましては担当者にご確認ください。

賃料の滞納が発生したらどうするの?

三井のリハウスが貸主となった上で、賃料の滞納保証を行う賃貸サポートシステム「プラチナ」をご用意しております。
また他のプランに関しても、三井のリハウスでは借主様に賃貸保証会社のご利用をお願いしておりますので、賃料滞納が発生しても借主様に代わって賃料をお支払いいたします。

賃料の入金管理や、賃料未入金時の借主様への連絡を行ってもらえますか?

賃貸サポートシステムの「ゴールドプラス」「ゴールド」をお選びいただいた場合は、毎月の賃料等の入金を確認し、所定の期日までに貸主様へ送金します。また借主様から賃料等のお支払いがない場合に、借主様および連帯保証人様に対して電話または書面通知による通知を実施いたします。「プラチナ」の場合には、連帯保証による送金を行った上で、転借人様に対し未収金対応を行います。

夜間、賃貸物件の設備が故障した場合、借主様はどこに連絡するの?

賃貸サポートシステムの「プラチナ」「ゴールドプラス」「ゴールド」をお選びいただいた場合は、三井のリハウスが委託している賃貸コールセンターが24時間借主様からの電話を受付します。「ホワイト」をお選びいただいた場合は、緊急対応が必要な給排水・給湯設備のみ受付します。

賃貸借契約期間中の修繕費負担が心配?

賃貸サポートシステムの「プラチナ」「ゴールドプラス」をお選びいただいた場合は、設備の修理について1件につき5万円(別途消費税)まで修理費用を三井のリハウスが負担するフリーメンテナンスサービスをご利用いただけます。

現在賃貸中の自宅を売却したいのですが、賃貸借契約を解約できますか?

居住用物件の普通賃貸借契約を、貸主様から賃貸借契約の途中で解約したり、または契約の更新を拒絶する場合には、借地借家法上、6ヶ月前(更新拒絶は期間の1年前から6ヶ月前の間)の借主様への申し入れが必要となるほか、正当と認められる事由がない限り物件の明渡しを受けることは困難となります。(※過去の判例では、単なるご売却のため、またはご子息が居住するため等の理由だけでは正当事由と認められなかった事例があります)なお、賃貸中のまま売却することも可能な場合がありますので、詳しくは三井のリハウス担当者までご相談ください。

契約期間途中で解約になるとどうなるの?

入居者のご都合で契約期間途中でも解約になることもあります。引き続き賃貸をお考えの場合は、次の募集に向けて室内や設備の修繕・交換等を行います。三井のリハウスでは入居者の退去後に提携リフォーム業者が室内を確認し、スピーディに損傷の有無および修繕内容を確認。修繕費用が発生する場合は、入居者負担か貸主様負担かを判定し、貸主様にご報告いたします。空室期間中は賃料収入が入らないことになりますので、できるだけ早く次の入居者を募集できるようお手伝いいたします。

家を貸すと確定申告が必要になるの?

不動産所得がある場合は、原則として確定申告が必要になります。確定申告は、貸主様(所有者)にてお手続きいただきます。
所有者と貸主様が異なる場合や、共有物件の共有者が代表者に賃貸の権限を付与する場合は、税務上の課題が生じる可能性がありますのでご注意ください。

無料税務相談

三井のリハウスでは、提携の税理士による無料相談を受付けております。不動産取引に関する税務や相続・贈与について相談が受けられます。詳しくは三井のリハウス担当者にご連絡ください。

退去に関して、お客様からよくいただくご質問とその回答を「Q&A形式」でご紹介します。

退去時の原状回復の費用負担はどうなるの?

退去時における原状回復とは、賃貸借契約を締結した時とまったく同じ状態にするという意味ではなく、「本来存在したであろう状態」にまで戻せばよいとされています。費用負担の考え方については、大まかには下記のようになります。

貸主様の費用負担

  • ・経年による変化
  • ・通常消耗

例えば、壁のポスターや絵画の跡、日照による畳や壁紙の変色など。
次の入居者を確保するための化粧直し、グレードアップの要素がある工事費用を借主様(または転借人様)の負担とすることはできません。

借主様の費用負担

故意・過失、故障や不具合を放置したことが原因で発生したキズ・汚れ。
例えば、引越し作業や模様替えで生じたキズ、結露を放置したために拡大したカビなど。
退去時、精算の際に敷金から原状回復にかかる費用を差し引いて、残りを借主様に返済いたしますが、差し引き金額のほうが大きい場合は、不足分を負担する場合があります。

なお、平成10年国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を作成し、また、平成17年には東京都が「東京ルール」を制定し、貸主様と借主様との負担内容についてその考え方を示しています。

退去立会って何するの?

賃貸サポートシステムの「プラチナ」「ゴールドプラス」「ゴールド」をお選びいただいた場合は、弊社提携立会代行会社の担当者等が、現地にて鍵などの貸与物の返却、電気ガス水道などの各種手続完了、粗大ゴミ・残留物の有無、汚損・破損箇所の有無などを確認いたします。
立会させていただいた状況を貸主様にご報告させていただきます。場合によって、貸主様自らお部屋をご確認いただくこともございます。

借主との契約を解約したい場合はどうすればいいの?

普通賃貸借契約の場合、6ヶ月前までの解約の申入れと正当と認められる事由が必要となるため、原則として借主様の同意が得られない場合は貸主様からの解約は困難です。
ただし、定期賃貸借契約は期間満了により契約が終了しますので、転勤の間だけなど期間を定めて貸出す場合には、あらかじめ賃貸借期間を設定できる定期賃貸借契約をお勧めします。

まずは、「無料」賃料査定をする

査定依頼する(無料)