新築マンションと中古マンションの比較:買うならどっち?

ライフステージ:出産結婚

マンション購入を検討する際に、新築にするか中古にするか、どちらのメリットの方が大きいか悩まれる方も多いのではないでしょうか。そこで、新築マンションと中古マンションを買うならどちらがよいか比較してみたいと思います。実は様々な相違点があり、総合的に検討する必要があります。

中古は何といっても価格に割安感がある

国土交通省土地総合情報ライブラリー「不動産市場動向マンスリーレポート平成28(2016)年1月」によれば、2015年12月の首都圏における新築マンションの平均価格は5,457万円で、1㎡あたり76.2万円となっています。一方、中古マンションの平均価格は2,864万円で、1㎡あたり45.44万円となっています。
地域や面積、築年数などによっても異なるため、あくまでも参考としてですが、新築と中古では価格に大きく差があることがおわかりになっていただけることでしょう。1㎡あたりの価格を見ると、新築に比べて中古は60%程度と価格面で魅力があることがわかります。
こうした価格に差が出るのは、中古といった純粋な理由の他、新築マンションの価格に反映されている広告宣伝費がかからないといった点が挙げられます。ただし、中古だからといって必ずしもお手頃というわけではありません。立地がよく、人気のあるマンションでは、新築時よりも価格が値上がりするケースもあります。
また、購入時の諸費用も考慮しなければなりません。新築マンションは物件価格の2.5~5%ほどが諸費用としてかかりますが、一般的に中古マンションでは、諸費用として物件価格の5~8%程度かかります。また、中古の場合、リフォームを行なえばその分費用がかさみます。新築マンションは当然ながら設備は最新ですからこうした費用は追加で考える必要はありません。自分好みの設備・仕様にしたいという希望であれば、中古は自由がきくことがメリットといえますが、コストがかさむ点を忘れてはなりません。

新築は保証期間が長い

次に、購入後の保証について確認していきましょう。保証という観点からは新築マンションに軍配が上がります。新築マンションの場合、構造上主要な部分の欠陥に関しては、10年間の保証がつきます。中古マンションの場合、売主は個人であることが多く、その場合一定期間に発見された瑕疵(かし)や設備の不具合のみ売主の責任となります。中古マンションの場合、現物を見て購入できるため、確認はできるものの、購入後に瑕疵が見つかるケースもあるかもしれません。そのため、中古マンションを検討される場合には瑕疵担保責任保険や大手不動産会社の長期間の保証サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ライフステージ: 出産結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。