角地は家を建てるのに最適?角地のメリット・デメリット

ライフステージ:暮らし
タグ: 税金・制度

家を建てる際の住宅地選びにおいて、利便性や住宅環境を考えた際に最も人気があるのは駅近ではないでしょうか。また昨今では、水害に強いなどの観点から高台のような場所を選ぶ方も多くなっているようです。
こうした住む場所・地域をある程度決めてから、次に決めなければならないのが土地の条件として日当たりの良さなど、実際に住むに当たって快適かどうか、という点です。特に南向きの角地などは人気が高く、売地となった場合はすぐに売買が決まることもしばしば。しかしながら、角地だからといってなんでもよいわけではありません。
今回は角地のメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

角地のメリットは大きく4つ

まず、角地のメリットですが、大きく分けると4つあります。1つ目は、2方向以上が道路となっている点です。他の建物との隣接面が少ないことから開放感が得られ、さらに建っている向きによっては日当たりの良さが大きなメリットとなるでしょう。居室部分が南側に面していれば、より過ごしやすくなります。
ただし、道路が狭い場合や敷地が狭い場合にはこうした日当たりがあまり良くないといったことも考えられるため、道路の幅や周辺の建物の高さなども配慮して検討してください。

次に、家を設計する際のメリットが挙げられます。角地の場合、道路に面している部分が多くなるため、玄関の位置を選べたり、玄関と駐車場とで2方向を利用することができたりと、設計時にある程度の自由が利きます。こうした観点も角地の人気を高めているといえるでしょう。

3つ目として、角地だからこその選べる間取りの自由度が挙げられます。上述のように、日当たりの良さを考慮して南側に居室を設けることが可能ですし、玄関などの制約も他の土地よりも少ないため、ご自身の希望に基づいた居住空間をつくることが可能になるともいえます。また、自治体によりますが、角地は建築条件の制限が緩和されることもあるため、建ぺい率の緩和(10%割増)措置など敷地における建物の建築面積を通常よりも増やせる場合がある点も見逃せません。

4つ目は土地の資産価値。角地は上記3つのメリットから、土地としての魅力が高いです。そのため、希少価値が高く購入希望者も多いことから、一般的に売買価格は同じ面積であっても角地の方が高くなります。将来売却しようと検討した時、角地であれば人気があるため売れないリスクも軽減でき、さらに資産価値も下がりにくい点が挙げられます。

ライフステージ: 暮らし
タグ: 税金・制度

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。