プロに頼みたい建物ケア「屋内のトラブル」編

ライフステージ:暮らし

マンション・一戸建てにかかわらず、生活のベースとなる屋内で起こるトラブルは、ささいなことでも日々の暮らしに支障をきたします。

もちろん日常生活に問題がない範囲であれば、ついつい後回しにしてしまうこともありますが、どうしても早急なケアが必要になるトラブルもあります。

屋内にトラブルが起きた場合、どこまでなら自分でケアできるのか、どこからはプロに頼めばいいのか、プロに頼みたいケースや目安について説明します。

キッチン・洗面台の下から水が漏れてきたら…

何より日常生活に支障をきたすのが、キッチンなどの水まわり全般で起こるトラブルです。水まわりのトラブルで多いのは水漏れです。

洗面台や流しの下から気がついたら水が漏れていた…という経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。

この場合は慌てずに、洗面台や流しの下にあるものをすべて取り出し、どこから水が漏れているかを確認しましょう。排水管や給水管が割れているようなら交換工事が必要です。すぐに止水栓を閉じ、専門会社に連絡しましょう。

接続部分から水が漏れている場合は、締め直します。専用工具が必要なときは、ホームセンターなどでも手に入りますが、専門的な知識や道具を豊富に揃えた専門会社に修理を依頼するほうが確実です。

マンションなどでは水漏れを起こすと下階の方にご迷惑をかけるケースもありますので、十分に注意しましょう。

排水口・トイレが詰まってしまったら…

次は、排水口・トイレの詰まりについてです。

洗面台などの排水口の場合、髪の毛などが大量に流れてしまった場合はもちろんのこと、日常的に出る小さなゴミやほこりが、受け皿をスルーして溜まった場合でも、水の流れが悪くなることがあります。

このような時はまず、受け皿を外して、排水口の入り口まわりを歯ブラシなどで、きれいに清掃しましょう。手で取れないときや異物が見えないときは、ラバーカップを使って吸い出します。

その後に、市販のパイプ用洗浄剤で清掃することも有効です。水の流れが悪い程度なら、これらのケアで解決する場合もあります。

また、トイレの場合、良く知られる対処方法として、ラバーカップがあります。排水口を全部ふさぐようにしてラバーカップを強く押し付け、手前に引いてください。

原始的な方法に思えますが、かなり効果的で、ある程度の詰まりの場合はこれだけで水の流れが元に戻ることも多いのです。

ちなみに、排水口・トイレから水があふれ出た場合、一番やってはいけないのが、慌てて何度も水を流すことです。水詰まりの状態でむやみに大量の水を流すと、さらに水があふれ出てしまうことがあります。

これらのケアをしても、水の詰まりが直らない場合は、すぐに専門会社に相談しましょう。

雨漏りがしたら…

慌てずに、雨漏りしている部分以外が濡れないようバケツで水受けするなどの応急処置をして、すぐに専門会社に連絡しましょう。マンションの場合は、上の階の水漏れなども考えられますので、マンション管理員に連絡してください。

雨漏りの原因を特定するのはとても難しい作業ですし、補修も簡単にはいきません。無理に自分で直そうとしてもかえってトラブルを大きくしてしまうことが多くあります。このようなときはプロに任せた方が安心です。

基本的にこれらのトラブルのケアは、自分の手に負えない、と思った時がプロを呼ぶかどうかの基準になります。

その判断は難しいこともありますが、まずは自分でできる日頃のケアを怠らず、トラブルを起こさないように心掛けることが、より重要なのです。

■自分でできる建物ケア「リビング周辺」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1073/
■自分でできる建物ケア「キッチン&水まわり」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1076/
■自分でできる建物ケア「建具まわり・その他」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1078/
■知っておきたい建物ケア「結露・カビ対策」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1081/
■プロに頼みたい建物ケア「屋外のトラブル」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1087/

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。