プロに頼みたい建物ケア「屋外のトラブル」編

ライフステージ:暮らし

年数が経ち、購入した一戸建てが次第に古くなっていくのは当たり前のことです。そのような場合に必要とされるのが補修です。

やや面倒に感じるかもしれませんが、定期的に修理・補修することによって住宅の劣化を防ぎ、長持ちさせることができます。

とくに屋外では、屋根や基礎、外壁などの雨や湿気の影響を受けやすい部分について、定期的なケアを心がけましょう。

今回は、屋外で起こりやすいトラブルの中で、プロに頼みたい建物ケアのケースをご紹介します。

屋根が割れてしまったら…

瓦屋根などは、強風や地震などでも割れることがあります。また、看板などが飛んできて衝突したり、寒冷地の場合には急な温度変化で破断してしまったりすることもあります。

こういった修理は、屋根の上に登るだけでも危険を伴うため、専門会社に補修工事を依頼することをおすすめします。

亜鉛鉄板などの金属板の屋根の場合は、塗装やサビの状態を確認しましょう。変色していたり、表面に白い粉が浮き出てきたりしたら、塗り替え時期のサインです。塗り替えは、一般的に3~5年おきくらいに行うのが適切とされています。

基礎のコンクリートにヒビが入ってしまったら…

基礎のコンクリート部は、住宅を下から支える大事な部分です。ここにヒビを見つけたら、大きな不安を覚えてしまう方も多いでしょう。

しかし、基礎の表面にある細かいヒビや、表面を化粧しているモルタル壁のヒビ割れはあまり心配する必要がありません。

ただし、幅が0.5ミリ以上、深さが20ミリ以上あるヒビを見つけたら、すぐに専門会社に相談しましょう。

深刻なヒビ割れは、基礎の強度を低下させるだけでなく、地盤沈下の危険性を知らせているケースがあるからです。大きなヒビ割れは放置せず、必ず補修しておきましょう。

また、基礎部分にある換気口は、土台などの構造体が腐食しないように、床下に溜まる湿気を排出するためにありますので、出入り口を塞がないようにしましょう。そして、5年に1回は床下にもぐって、基礎内部の状態をチェックすることをおすすめします。

外壁にヒビが入ってしまったら…

外壁の大きなヒビは、雨漏りや建物の劣化など、様々なリスクの原因となります。

モルタル塗り工法による外壁は、施行後2〜3年で乾燥収縮が起こり、ヒビ割れしやすくなりますが、これはモルタルの性質上、やむを得ない現象です。

ただ、壁の内側には、アスファルトフェルトなど防水層がありますので、小さなヒビであれば、それほど心配する必要はありません。しかし、0.3ミリを超える大きなヒビ割れの場合には、放置せずに専門会社に補修工事をお願いしましょう。

サイディングの目地がヒビ割れたら…

昨今では、サイディング外壁の住宅が増えてきました。そもそも外壁は、常に直射日光や風雨にさらされているため、サイディング壁の目地をふさいでいるシーリング材も経年劣化するのは仕方ありません。

とはいえ、シーリング材が劣化すると水が染み込みやすくなり、雨漏りの原因にもなります。ヒビを発見したら、専門会社に相談しましょう。

また、色あせや塗装の剥がれは、サイディングの表面を覆っている塗膜が劣化している状態です。

そのまま放置していると、壁が吸水しやすくなり、ヒビ割れが発生してしまいますので、早めのケアが必要です。塗装工事で補修できますので、こちらも専門会社に依頼しましょう。

ご自分でできる建物ケアもありますが、これらのケースについては、ぜひプロの手を借りながら定期的な修理・補修を行い、大切なご自宅を良い状態で長持ちさせてください。

■自分でできる建物ケア「リビング周辺」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1073/
■自分でできる建物ケア「キッチン&水まわり」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1076/
■自分でできる建物ケア「建具まわり・その他」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1078/
■知っておきたい建物ケア「結露・カビ対策」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1081/
■プロに頼みたい建物ケア「屋内のトラブル」編はこちら
https://www.rehouse.co.jp/rehouselibrary/article/1084/

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。