分譲マンションをリフォームしたい時の注意点

ライフステージ:暮らし
分譲マンションをリフォームしたい時の注意点

分譲マンションでも購入後の部屋は自分のもの。だからどのようにリフォームしても問題ない。そう考えている方はいらっしゃいませんか。また、既にリフォームしている方の中には、本来してはいけないリフォームをしている場合もあります。
そこで、今回は「分譲マンションをリフォームしたい時の注意点」について解説します。何ができて何ができないのかを把握することで、誤ったリフォームを行わないようにしましょう。

専有部分は基本的にリフォーム自由

区分所有法では、分譲マンションの室内(躯体部分除く)を専有部分とし、所有権は購入者にあります。この専有部分内であれば、基本的にリフォームを行うことは購入者の自由です。しかしながら、リフォームを行う場合には管理組合に届け出を行わなければいけない場合があります。リフォームを行う前に、届け出を出す必要があるかについて確認しておいた方がよいでしょう。

それでは具体的にリフォームができるかどうか見ていきましょう。まず、和室をフローリングに変えたいといった場合、専有部分である室内の話になりますのでリフォームが可能です。ただし、マンションによっては管理規約などでフローリングの遮音等級を定めている場合があります。またフローリングだと音が響きやすく、近隣への影響もありますので、管理規約をチェックするとともに近隣への配慮が必要となるでしょう。

次に、壁紙はどうでしょうか。大規模なマンションなどでは、防火の観点から内装に制限を設けている場合がありますが、基本的には購入者が自由に変更することが可能です。制限の有無を確認しておきましょう。

キッチンの場所を変えたい場合はどうでしょうか。築年数が浅い分譲マンションであれば、移動可能なケースが多いといえます。ただし、築年数が古いケースなどでは、配管部分が共用部分に配置されている場合があります。共用部分は勝手にリフォームできませんので、管理組合に申請し許可を受ける必要があります。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。