知っておきたい「資産運用」の基礎知識

ライフステージ:投資

「年金だけでは安定した老後が過ごせない」と言われるようになって久しいですが、「資産運用」という言葉を聞くと、思わず尻込みしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

その不安を解消するため、ここでは「資産運用」とは何かということからご説明していきましょう。

まず、そもそも「資産」というのは大きく分けると、固定資産と流動資産という2つの種類があります。

前者の代表は土地や建物といった不動産で、これらの運用方法でポピュラーなのが、アパートやマンションを購入して、家賃収入を得るというものです。ほかにも、所有している土地での駐車場経営や、アパート・マンションを建てて経営を行うこともこれにあたります。

一方、実態のあるものを保有している不動産と異なる現金、預金、有価証券などを流動資産と呼んでいます。世間一般で言うところの「お金を賢く運用する」というのはこちらにあたり、その方法は大まかにいうと「貯蓄型資産運用」と「投資型資産運用」の2つのタイプに分かれます。

「貯蓄型資産運用」のメリットとデメリット

「貯蓄型資産運用」とは、読んで字のごとし、お金を貯めることです。普通預金、定期預金はもちろん、国債の購入や学資保険も含まれ、最大のメリットは「元本保証」がされることです。

運用方法としては最もリスクのないスタイルですが、それにともないリターンも極めて少ないのが特徴です。普通預金にせよ、定期預金にせよ、現在の金利では利息はほとんどつかず、口座手数料をとられたらマイナスです。

さらに、貯蓄型の弱点としてはインフレが挙げられます。物価が上昇して、金銭の価値が低下するので、たとえば「100万円」という貯金は額面上変わりませんが、世の中で使用する際に購買力が下がる、という現象が起きてしまうのです。

ライフステージ: 投資

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。