20代で一軒家を購入するメリット・デメリット

ライフステージ:結婚
20代で一軒家を買うメリット・デメリット

20代は「住まいの購入なんてまだまだ」と考える人が多い年齢ですが、経済的には一軒家購入可能な人が少なくありません。メリット・デメリットを検証してみると、ライフサイクルの中で「適齢期」と考えられるケースもあります。

住まい購入で多く利用されるフラット35利用者の8人に1人が20代

年齢としては、住まいの購入では一般に「30代が適齢期」と言われてきました。年収など、経済的なゆとりができ、人生設計を立てやすくなる年齢であることから、一軒家購入に踏み切る人が多いためです。

ただし20代での一軒家購入がそれほど珍しいわけではありません。独立行政法人住宅金融支援機構が発表している「2014年度フラット35利用者調査」によると、フラット35を利用した人のうち12.3%が「30歳未満」となっています。住宅購入者の8人に1人は20代の若年層なのです。

20代での購入には年齢特有のメリット・デメリットがあるので、職業や年収、家族構成、ライフプランなどと照らして、自身にとってどのような影響があるか見ていきましょう。

20代で一軒家を購入することの主要なメリット

資産・資金面のメリット

20代で住宅ローンを組むことで、長期ローンを組んでも在職中に支払いを終えやすくなります。定年退職前にローンを完済できれば、年齢的に老後の資金計画にゆとりが持てます。支払い完了後の住まいは大きな「財産」となるため、いざという時にも経済的な安心感を保障する基盤となります。

また早くから賃貸住宅に住む分の家賃を支払わなくてすみ、家賃分を財産となるマイホームの購入資金に充てることができます。たとえば20代半ばから30代半ばまでの10年間を賃貸住宅で暮らし、家賃8万円を支払い続けると、その間のコストは敷金・礼金や更新料などを含め1000万円近くにものぼります。

20代で住まいを購入することにより、家賃・管理費の負担がなくなる分や住宅ローン控除を受けられる分、生涯の資産形成という意味でも非常に有利です。

暮らしにおけるメリット

早くから自分の好みに合った住まいで暮らせることは大きな利点です。とくに一戸建て住宅の場合には、外観や間取りのプランニングにおける自由度が高いので、ライフスタイルや好みにピッタリ合う唯一無二の住まいを建てることが可能です。

20代から長く自分に合う住環境で暮らすことで、人生におけるトータルの快適度が大きく高まります。

その他のメリット

一軒家購入にはさまざまな知識が必要です。不動産についてはもちろん、金融や税金、ライフプランの立て方など多様な知識が求められるため、住まいを買うことで、年収に関わらず、ビジネスにつながるスキルを身につけることができます。

またお金の管理に対する感覚も磨かれるので、より安定度の高いライフプランを若いうちから立てられるようになると言えます。

ライフステージ: 結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。