「恵比寿」に対抗して人気急上昇!「中目黒」の資産価値が上がったワケ

ライフステージ:エリア投資
「恵比寿」に対抗して人気急上昇!「中目黒」の資産価値が上がったワケ

30歳代の住まい選びには、「バランス」というものが非常に重要になってきます。
結婚や出産を迎えて、「生活環境」や「資産価値」というものについて真剣に考えはじめる一方で、ファッションやグルメという流行にも、若いときと同様に高い関心があります。

つまり、どんなに暮らしやすくて資産価値が下がらない街であっても、「オシャレ」ではなければ住みたいという気持ちにならないのが、30歳代の特徴といえるのではないでしょうか。

実際、30歳代の住みたい街として常に上位に名のあがる恵比寿、吉祥寺、自由が丘などを見れば、「バランス」が整っていることがわかります。さまざまな「住みたい街ランキング」で上位を占める街を見ていきましょう

恵比寿は山手線沿線という利便性や資産価値の高さはもちろん、「アトレ恵比寿」などで都心のショッピングエリアという顔もあります。また、ちょっと脇道に入れば、さまざまな個性的な飲食店が並び、話題の店も続々とオープンしています。

それは、吉祥寺もしかりです。渋谷まで16分、新宿まで快速で12分という都心へのアクセスのよさがありながら、井の頭公園という緑豊かな都会のオアシスがあるという抜群の住環境にくわえ、オシャレなカフェやグルメスポットが数多く点在しています。

閑静な住宅街でありながらも、話題のニューショップが続々と出店する自由が丘も同様で、絶妙な「バランス」がシングル、カップル問わず30歳代を惹きつけてやまないのです。

ライフステージ: エリア投資

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。