【荻窪】個性に迷ったら、荻窪へ。懐の深いあの街が教えてくれること

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

 

新宿で仕事の打合せを終えた後、自宅の駅でもないのに、まるで逃げるように荻窪駅で降りた。

その理由は、“自分と同じ匂いのする街”に慰めてほしかったから。

 

「下條さん、なんか惜しいんですよね……もうちょっとグッとくる文章書けませんか?」

「全然足りないよ、シモくん。もっと遠慮せずにさらけ出して『ガーン!!』とやっちゃってよ!!」

 

ライターでありミュージシャンでもある私は、両方の現場で上記のようなセリフをしばしば投げかけられる。

これらの言葉は、私に「個性が足りない」ということを意味している。

荻窪という街は、そんな個性に迷いがちな私の良き友なのだ。

 

中野サンプラザとオタクの街・中野

パンクと古着でおなじみの高円寺

ジャズが似合う大人な街・阿佐ヶ谷

 

独自のカルチャーを持ち、強烈な個性を放つ駅が続くこの中央線エリアで、唯一「グッとこない」もしくは「ガーンとやれてない」のが荻窪なのだ。

しかし、私は何も知らなかった。

この街の高貴な歴史も、独自の食文化も、ディープスポットの存在も、超個性的な名物店主のことも……

今回は改めて荻窪を歩きながら、個性とは何なのかを考えつつ、この街のことをご紹介します。

 

【荻窪の基本情報】

駅名: JR東日本 中央本線「荻窪」
乗換えできる路線:東京メトロ 丸ノ内線「荻窪」
ランドマーク:荻窪タウンセブン

 

 

 

 

 

吉祥寺や高円寺が自転車圏内。中央線カルチャーをいいトコ取りの“ベッドタウン”

 

荻窪駅はカルチャーが色濃い中野駅~吉祥寺駅間の、ほぼ中間の場所に位置しています。つまり、どの駅にも割と近いというのが大きなメリット。高円寺や吉祥寺まで自転車で15分、隣の西荻窪や阿佐ヶ谷には10分足らずで行くことができます。

また、丸ノ内線の始発駅として銀座方面にも乗換えなしでアクセス可能。さらに、駅前から出ているバスを利用すれば北は西武新宿線、南は京王線の駅も乗り換えできます。

 

▲南口のバス停。多くのバスが行き交い、通勤や通学・買い物など、生活の中で利用されています。

 

周辺のパワフルな街で働いて遊んだ後、ゆっくりと羽を休められる荻窪は、中央線カルチャーと適度な距離感で生活できる“ベッドタウン”的な存在なのです。

 

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。