「蔵の町」のさきがけ、「リノベーションの達人」にみるオシャレ再生方法

ライフステージ:エリア

街のイメージは一度決まると、なかなか変わらないものです。
しかし、当然のことながら、どの街にも人を惹きつける魅力はあり、またその魅力を伸ばしていこうという努力も日々続けられているのです。

江戸時代、四宿として栄えた街道の街・北千住。交通のアクセスもよく、繁華街としても発展している街ですが、いままでは若者ウケする街ではありませんでした。

ところがここ数年、その若い世代を中心に注目を浴びているのです。その理由はいくつかありますが、ひとつにはオシャレスポットから下町的雰囲気への懐古主義的トレンドがあげられます。

歴史的にも北千住は日光街道沿いという交通の要衝にあるうえ、商家などが建てた蔵が現存する都内有数の「蔵の町」でもありました。その存在を見直し、区などの役所と商店街、さらに北千住在住のアーティストなどが協力して再生・保存を図ることにしたのです。

具体的には文化財としての指定・保存、あるいは商店やアトリエとしての再利用です。とくに後者は、生活空間、商業空間としての再生であり、リノベーションでもありました。また、前者の文化財指定などは、文化的リノベーションともいえるでしょう。

もちろん、北千住の再生計画は「蔵」だけではありません。古くからある寺社なども一体となり、街ぐるみで築き上げたものなのです。

このように、北千住の試みは既存の建物を大胆に再利用し、新たなライフスタイルへ導くリノベーションのベーシックなスタイルの成功例ともいえるでしょう。

ライフステージ: エリア

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。