「築地」から移転…2018年10月、新市場オープン予定の「豊洲」が注目株!

ライフステージ:エリア

40歳代ともなると、住まい選びのポイントも30歳代とは異なってきます。仕事も安定し、配偶者や小学生以上の子どもを持つかたもいるでしょう。

では、このような40歳代の人たちは、どのような街に住みたいと望んでいるのでしょうか。

リクルート住まいカンパニーが毎年行っている「みんなが選んだ住みたい街ランキング2018 関東版」では、関東在住の20~49歳の男女を対象にした調査結果を公表。この調査では総合ランキングのほかに年代別の調査も発表しています。総合ランキングと40代のランキングを比較すると、横浜、恵比寿、吉祥寺、品川、池袋、武蔵小杉、新宿、目黒、大宮といった上位は、総合ランキングと顔ぶれが大きく変わりません。

40代のランキングでは横浜、吉祥寺、恵比寿、池袋、品川、武蔵小杉、大宮、目黒、新宿、鎌倉。いずれも横浜が1位ですが、2位は総合ランキング 恵比寿に対して、40代は吉祥寺が人気の結果となりました。さらに、4位の池袋についで同率5位の街が品川、武蔵小杉、大宮が上位にランクイン。都心からはやや離れているものの、交通や買い物に便利ながらも落ち着いた住環境を持つエリアが上位に入っていることがわかります。

また、40代のランキングでは東京まで1時間近くかかる鎌倉がランクインしていることも、特徴的です。鎌倉は周囲に自然が多く静かな環境が多くあり、海も近いことから、子育てにはピッタリと考える人も多いからでしょう。

これもやはり、20歳代、30歳代という自分のライフスタイルも比較的重視する世代とは異なり、家族との暮らしのことを考えた40歳代らしい選択だといえます。

ライフステージ: エリア

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。