リノベーションルームに家具販売大手も参入…注目の理由とは

ライフステージ:出産結婚

このところ、30代から40代にかけての人たちの間で、中古分譲マンションを購入して、間取りやインテリアを自分好みに改装するリノベーションが注目されています。

注文建築とほとんど変わらない仕上がり、古い一軒家がリフォームによって見事な大変身を遂げる人気テレビ番組のような気分を味わえるなど、中古分譲マンション購入を考えている人にとっては、リノベーションが魅力的な選択肢のひとつとなっています。

中古分譲マンションは市場に出回っている物件が多く、また価格相場がほぼ決まっていることから、自分の条件・予算に合った選択肢が豊富にそろっています。

とくに築20年前後の中古マンションは価格も手頃で、設計も設備もまだそれほど古びていないため、住宅購入を考えている30代から40代の人たちにとって、購入したい第一候補の物件となることが多いようです。

さらにそれを自分や家族の好み、生活条件に合った間取りやインテリアに改装することで、理想の住まいを手に入れることができることが、リノベーションの魅力となっています。

三井不動産リフォームのサイト「中古を買ってリノベ!(マンション編)」に挙げられている実例を見ると、30代から40代にかけてのファミリー層購入者の多くが、築20年前後の中古分譲マンションを購入し、予算の20%ほどをリノベーション工事にあてていることがわかります。

また、インターネットで「中古マンション リノベーション(またはリフォーム)」をキーワードに検索すると、さまざまな実例や予算の例が出てきます。さらに、書店の住宅関連コーナーではリノベーションについての書籍や雑誌が並んでおり、中を見るときれいな写真で実例が数多く掲載されていて、見ているだけで夢がふくらんできます。

中古物件にもかかわらず、否、中古物件だからこそ、自分にとって理想の住まいを手に入れられる…それがリノベーションなのです。

ライフステージ: 出産結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。