一軒家を購入する最適なタイミング・買い時

一軒家を買う最適なタイミングの見計らい方

マイホームを購入したい。でも今買うのがよいのかわからない。はたして購入してよいのでしょうか?このような一軒家購入時期に関する悩みやご相談を多く受けることがあります。これに関する回答は、1つとは限りません。実際には、購入時期は買いたいと思ったときがタイミングともいえます。しかしながら、必ずしも「買いたいと思ったから買う」のがよいタイミングともいえない場合も。そこで、マイホームを購入するにあたって、その最適なタイミングがいつになるのか、複数の購入時期とパターンから一軒家購入について考えてみることにしたいと思います。

ライフサイクルから検討するケース

ライフサイクルからマイホームを購入するタイミングを見計らう方法があります。これは、子供が生まれた段階や小学校に入学をするタイミングなど、子供の教育環境を考慮して一軒家に落ち着くケースや、30~40代になってある程度生活の余裕ができたタイミングで一軒家購入、といったケースが該当します。

特に、子供の将来を見据えてライフサイクルを検討する場合には、友達付き合いなども考慮することは当然重要なことになります。仮に転勤が多いような職種の方であれば、なかなかマイホームを購入する意志は固まらないと思われますが、子供を第一に考えるのであれば、単身赴任が決まっていたとしても一軒家を購入されるケースはあります。

この際に注意したいのが、子供の成長時期に一軒家購入による住宅ローンが負担とならないかという点。マイホームを購入したいというときは、どうしても目の前のことばかり考えがちですが、子供の成長とともに、学資や様々な資金も考慮し、資金計画をたてておかなければなりません。もっとも望ましいのは、現状の家賃と同程度の住宅ローン返済などにすることで生活をあまり変えないことかもしれません。また、購入時期よりも収入が減った場合などでも対応可能かどうか想定する必要があります。教育費との兼ね合いも重要です。教育資金と住宅資金がダブルでのしかかってくる場合でも、夫婦の収入や貯蓄でなんとかなりそう。こうした状況が起きたとしても、問題なく生活できる、ということがある程度具体化できるのであれば、子供が生まれた段階や小学校入学時などを一つの区切りとして、マイホームを購入することはタイミングとしてはよいと思われます。

ライフステージ: 出産子どもの成長

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。