マンションをリフォームするならいつ?目安の時期は…

ライフステージ:暮らし

一戸建てやマンションのリフォーム時期は「10年」とは限らない

だからといって、盲目的に「10年」ですべてを新しくしなくてはいけない、ということではありません。

たとえば、外壁や屋根のリフォームです。外壁塗装というと、「見た目」のことだと思う方もいるかもしれませんが、紫外線や雨風などから壁を守るという意味もあり、住宅を長持ちさせるためには、非常に重要な役割を担っています。

ただし、その塗料の耐用年数には、大きくバラつきがあります。アクリル樹脂塗料などは5~7年、ウレタン樹脂塗料などは10年が法定耐用年数なので、やはり「10年」を目処に塗り替えを検討してみるべきでしょうが、シリコン樹脂塗料は12〜15年、フッ素樹脂塗料などは最長で20年もちます。

つまり、マイホームに使われている外壁塗装の種類によっては「10年」でなくても問題はないのです。

「10年」はマイホームを見直すいい機会であること間違いありません。そのような意味では「10年リサイクル」は妥当でしょう。ただ、外壁などの場合はそうとも限らないので、マイホームのどこが傷んできたのかを正確に見極めて、適切な時期にリフォームをしていただきたいと思います。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。