住宅購入の消費税、10%増税でマンション・戸建価格に影響

ライフステージ:暮らし

2016年6月1日、安倍首相は記者会見において、2017年4月1日から予定されていた消費税10%への引き上げを延期し、2019年10月まで先送りすることを発表しました。

不動産市場は、これにより大きな影響を受けることが予想されています。なかでも今後の新築マンションの価格に変動があるのではないかと言われています。果たして新築マンションの価格は上がるのでしょうか、それとも下がるのでしょうか。

2016年に入って、新築マンション市場は2017年4月からの消費税10%への増税を見込んで、活発な動きを見せていました。というのも、新築マンションは数千万円、なかには数億円という大きな買い物であるだけに、消費税が2%上がっただけで、支払う消費税額が大きく変わってくるからです。

一般的に新築マンションの価格は消費税込みの金額で表示されますが、消費税が課されるのは建物価格のみ。土地価格には消費税が課されません。

たとえば、税抜き価格6000万円の物件で、建物価格が4000万円、土地価格が2000万円だったとすると、4000万円の8%、つまり320万円が消費税額となります。これで消費税が10%に上がれば税額は400万円となり、80万円の増加となります。

6000万円の買い物で80万円の差が大きく感じるか小さく感じるかは人によって異なるかと思いますが、このお金で新しい家具、またはワンランク上の家具を買うこともできると考えると、決して小さな額ではありません。

そのため今年に入ってから、消費税が10%になる前に新築マンションを購入してしまおうという駆け込み需要を狙った不動産業界の動きが活発になっていたわけです。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。