新築マンションの駐車場設置率が全国最下位・東京の特殊事情

ライフステージ:暮らし

新築マンションを購入する際、敷地内に駐車場が設置されているか否かを重要視するという方も多いのではないでしょうか。

2006年と少し古いデータですが、一般社団法人日本住宅建設産業協会の調査では、新築マンションの購入者の58%がマイカーを保有しているという結果も出ています。

同調査では、新築戸建て購入者の90%がマイカーを保有しているという結果が出ていますので、それと比較をするとやや少ない印象を受けるかもしれませんが、それでも6割近くがマイカー保有者ということは、新築マンション選びの重要な要素だといってもさしつかえないでしょう。

新築マンションに設置される駐車場といえば、最もポピュラーなのが平面式でしょう。とくに大きな維持費もかかりませんし、バリアフリーの観点からも導入が進んでいます。一方で、敷地内のスペース的に平面式が難しい場合は、機械式駐車場が設置されるマンションも多いです。

このように、新築マンションには必要不可欠のように見える「駐車場」ですが、それぞれの地域ごとの特色を見てみると、必ずしもそうとは言い難い現実が見えてきます。

車社会となっている地方や中京では、大半の物件に駐車場が設置されていますが、その一方で、首都圏や近畿エリアなどのいわゆる都市部の新築マンションでは、駐車場が設置されていない、もしくは設置されていたとしても平面式がわずかにあるだけで、極端に駐車場スペースが小さいというケースも散見されるのです。

そのなかで、全国にみても新築マンションの駐車場が少ないのが、東京です。

実際、2015年に、不動産情報を扱う東京カンテイの調査では、全国都道府県の新築マンションの駐車場設置率を調査したところ24.5%しかないことがわかりました。

周辺の千葉、神奈川、埼玉が50~60%の設置率ということを考えても、ドーナツ化現象といえるほど、著しくマンションの駐車場が少なくなっているのです。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。