トラブル防止は情報収集から…「ホームインスペクション」の活用法

ライフステージ:暮らし

国民皆保険制度が堅持されている日本では、おおよそ40歳を目安に健康診断を推奨・実施しています。検査は胃や肺のレントゲン、尿や血液の検査などが主ですが、「身体のどこかにトラブルを抱えてないか?」ということをスクリーニングしていくのです。

常日頃から健康に自信がある人でも、ある程度の年齢になると、どこかしら弱った部分が出てくるのはしかたがないことです。そのための健康診断であり、弱った部分が発見されれば「治療という名のメンテナンス」が行われることになります。

実はこれ、住宅にも当てはまることで、「健康診断」ならぬ「住宅診断」をするシステムが、ちゃんと存在します。(民間のサービスであり有料です)

住宅の場合、人間の健康診断に当たるのが「ホームインスペクション=住宅診断」であり、それを見極めて指摘する医師の役割として、「ホームインスペクター=住宅診断士」が存在します。中古住宅の購入や売却が盛んな状況のなか、これからも成長市場と予測されており、年々、その需要も増えています。

2016年5月、改正宅地建物取引業法において、中古住宅を売買する際にホームインスペクションを活用するよう、法に盛り込まれました。顧客の中古住宅に対するニーズはより大きくシビアに変化してきているのです。

日本においては、比較的新しい概念ともいえるこの「ホームインスペクション」ですが、欧米では中古住宅を売買する際には必須のものともいえます。

とくに権利意識が高いアメリカでは、カリフォルニア州の例を出すと、売買の80%前後がホームインスペクションを活用しているそうです。それでも、40年前までは、アメリカでもほとんど定着していませんでしたから、日本でも今後、ホームインスペクションの認識がさらに高まる可能性はあります。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。