狭小住宅の魅力と注意点…土地10数坪でも格安で家は建つ!

ライフステージ:出産結婚
タグ: 住み替え

住宅関連で、最近注目を浴びている物件が「狭小住宅」です。その言葉どおり、通常の住宅に比べて、かなり狭い敷地の中に建てた小さな一軒家のことです。どれくらい狭いかという明確な定義はないようですが、一般的には15坪(50平米)以下の土地に建てられたものとなっています。

では、なぜこのような狭小住宅が注目を集めているのでしょうか。

狭小住宅の一番の魅力は、なんといっても土地代が安いこと。面積が小さいのだから当然ですが、それ以外にも、狭すぎて家を立てるには数々の制約があるため、土地の坪単価そのものも安くなっていることが多いです。

一戸建て住宅を購入する際の費用で、高い割合を占める土地代を安く抑えられるということは、限られた予算であっても、都心近くに新築一戸建て住宅を持つことができるようになるわけです。

また、税金などの面でも、面積に応じて決められる固定資産税が安く抑えることもできるというメリットもあります。

さらに、狭いながらも快適で使いやすい居住空間を確保するために、建物の設計に工夫をこらすわけですが、そこが設計士の腕の見せどころでもあり、また施主のほうも自分の希望やアイデアを活かした、デザイン性の高い家を望むことが多いようです。

なかには10坪(33平米)という極小の土地に、個性あるデザインの家を建てているケースも数多くあります。ほかとは違った自分だけのデザインの家を持てる……それも狭小住宅の魅力のひとつになっています。

こういった狭小住宅では、居住空間を広く確保するために3階建て以上にすることが多く、さらには地下室も設けることが多くなっています。ただし、個性的な家を建てるために、建築コストが一般的な住宅より割高になってしまうこともあり、価格が安いことが魅力の狭小住宅だけに、このあたりが予算と希望の兼ね合いになるところです。

その一方で、建売の狭小住宅も、最近では多く販売されています。とくに地価の高い都心部の住宅地では、狭い敷地のなかに新築3階建ての狭小住宅が数多く分譲されており、低価格で都心近くの一戸建てに住めるということもあって、注目を集めています。

こういった建売狭小住宅は、一般的に一階部分が車庫、いわゆるビルトインガレージになっており、車を持っている人にとっては、別途に月極の駐車場を借りることなく、車が置ける場所があるのも魅力です。

ライフステージ: 出産結婚
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。