【永福町】東京のへそ!? パワースポット・大宮八幡宮を有する、歴史と自然の街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

「今度はムラサキ色の電車がきたよ♪」

屋上庭園ではしゃぐ子どもが眼下を走る電車を指差し、お母さんに呼びかけます。

 

 

ここは「京王井の頭線」の「永福町」。井の頭線ユーザーにとっては、急行待ちの駅としてお馴染みです。各駅停車で永福町に到着して急行を待つ数分間、車窓から見える風景は落ち着きのある“東京の日常”といった印象ですが、この地はパワースポットとしての一面をもっていることを、あなたはご存知でしょうか?

数年前まで井の頭線沿線に住んでいた私も幾度となく乗換えでホームに降りた永福町。今回は初めて改札を抜け、街を歩いてみました。

 

永福町の基本情報】

駅名:京王電鉄井の頭線「永福町」
ランドマーク:永福寺

 

 ■井の頭線の急行が止まる駅。車やバス生活も快適

京王井の頭線、永福町駅があるのは杉並区の南側に位置する「永福二丁目」という住所。吉祥寺から渋谷までを結ぶ人気路線のほぼ中間に位置し、どちらの駅にも10分以内でアクセスできます。

▲永福町の踏切。全7色の井の頭線が行き交います

 

また、学生の街として栄えているお隣の駅「明大前」からは京王線に乗り換えでき、新宿にもたったの15分。

利便性が良いにも関わらず、1日の乗降人員は明大前と比べて1万人以上少なく、都会の喧騒を忘れさせる、まさに穴場の駅といえるでしょう。

 

▲駅直結の屋上庭園「ふくにわ」からの景色。新宿の高層ビル群が間近に見え(写真の左側)、都心部に近いことが実感できます

 

さらに、井ノ頭通りや方南通りといった主要な道路が駅の近くを走っているため、車での移動も快適。

バスで新宿や高円寺、中野方面にも出ることができます。

▲永福町北口商店街にあるバス停「大宮台」。日中だと新宿駅西口方面には1時間に6本、高円寺方面には1時間に4本のバスが発車しています

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。