【大岡山】駅の上に病院?学生にもファミリーにも愛される大田区の“ほっこりタウン”

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

高級住宅地として知られる田園調布
多くの飲食店で活気溢れる蒲田
日本の空の玄関口・羽田空港

東京23区の中で最も大きい大田区は、さまざまな顔を持ちます。その大田区の中でも、庶民的で生活感の漂う街が「大岡山」。今回は、大田区の“ほっこりタウン”「大岡山」にお邪魔してきました。

大岡山の基本情報】

駅名:東急電鉄 目黒線・大井町線「大岡山」
ランドマーク:東急病院

 

■新宿・横浜どちらも電車で30分圏内

大岡山駅は、目黒から武蔵小杉までを繋ぐ東急目黒線のちょうど中間に位置します。東急電鉄の目黒線と大井町線の2線が利用できる大岡山は、渋谷まで20分弱、新宿や横浜までは30分弱と、都心部や商業地区へのアクセスが良好。

東京だけでなく、神奈川方面にも出やすいのが大岡山に住む人の特権です。

⇒大岡山駅周辺の物件一覧をみる

▲大岡山から大井町方面に向かう東急電鉄大井町線。溝の口方面の電車に乗れば人気の自由が丘にも2駅、二子玉川にも4駅と生活圏内です

 

また、大岡山の駅には日本初の駅上病院「東急病院」があるのも特徴。絶好の立地にあるこの病院は、大規模な壁面緑化で街の人たちを視覚的にも癒す、大岡山のランドマーク的な存在です。

▲駅の上に建つ東急病院

 

■暮らしを支える商店街とディープな地下飲食街

大岡山駅を降りて周辺を歩いてみましょう。改札を出て右に進むと北の方にまっすぐ伸びているのが「大岡山北口商店街」。全長約500mの商店街には飲食店や鮮魚店・電気屋といったさまざまな店が軒を連ねています。

▲大岡山北口商店街。多くの人で賑わっています

▲大岡山北口商店街にある老舗精肉店「松坂屋」

▲松坂屋で人気のメンチカツはサクサクの衣の軽い食感で中から肉汁が溢れ出します

 

また、大岡山のディープスポットとして知られるのが駅の南側にある「大岡山地下飲食街」です。50年以上続くと言われるこのエリア。地下へ続く階段を下りるとそこには昭和の時代を思わせる、ノスタルジックな空間が広がっています

▲大岡山地下飲食街の入り口。古くからある店に加え、油そば専門店や串かつバル、地酒ビストロといった新しい店も共存しています

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。