「魅せる収納」でマンションの収納をスッキリ、オシャレに

ライフステージ:出産結婚

マンションと一戸建てのどちらを購入しようか迷っている方のなかで、なかなかマンション購入に踏み切れない方の理由のひとつが、「収納スペース」ではないでしょうか。

マンションでは、なによりも生活空間の確保が重要視されるという設計のため、どうしても一戸建てに比べると、収納が控えめになってしまいます。一説には、総床面積に対する収納率は、一戸建ては約12%以上あるのに対しマンションは約8%くらいだといわれています。

少し古い調査ですが、平成15年の国土交通省の住宅需要動態調査では、住宅に対する不満として、「収納スペース」をあげる人が55.4%あり、「高齢者等への配慮」(66.4%)、「遮音性や断熱性」(57.6%)に次ぐワースト3。しかも、その割合は一戸建てよりも共同住宅の方が高くなっているのです。

この収納事情はいまでもそれほど変わっていません。つまり、マンション住民にとって収納スペースの少なさは頭痛のタネであるのです。

では、マンションではどのような収納がなされるべきでしょうか。

インテリアのなかで存在感を示さないウォールシェルフなど壁面収納などを活用しつつ、デッドスペースを埋めていくような収納家具を配置し、とにかく「賢い収納」をしていくしかありません。

また、最近ではインテリア雑誌などで、普段は使わない食器や、帽子、アクセサリー、靴、雑誌、写真などを収納スペースに押し込むのではなく、あえて外に出して、インテリアの一部としていかす「魅せる収納」というものが提案されています。

ただ、いくら賢く整理整頓をしたところで、設計的にも物理的にも収納スペースには限界があることに変わりがありません。子供が成長したり、家族が増えるなどして生活スタイルが変化していけば、それにともなってモノが増えていくので、「魅せる収納」にも限界があります。

かといって、マンションですから庭に物置を置くというわけにもいきません。近年、非常に増えているトランクルームを利用する人も増えてはいますが、毎月の利用料もかかりますし、なによりも荷物の出し入れのために外出しなければいけないという不便さというデメリットがあります。

ライフステージ: 出産結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。