一戸建てと分譲マンションの維持費・修繕費を比較!どちらがお得?

ライフステージ:暮らし

戸建てと分譲マンションのどちらを購入しようかと悩む方のなかには、「ランニングコスト」を考える方もいるでしょう。

戸建てと分譲マンションの購入価格に違いがあるのはもちろんですが、やはり実際に住み始めてからどれくらいの出費があるのかというのは、大きな関心事です。

そこで、戸建てや分譲マンションの管理にはそれぞれどれくらいのコスト(維持費)がかかるのか比較をしていきましょう。

住宅の「維持費」には、固定資産税や住宅内の修繕費などもありますが、ここでは主に住宅の管理をするための費用、そして住宅を便利なままの状態でキープしていくための費用について考えていきます。

維持費にはいくつかありますが、固定資産税や、家の中の修繕費はマンションでも一戸建てでもかかりますので除外するとして、差が出てくる維持費について考えてみたいと思います。

まず、分譲マンションの維持費を見ていきましょう。一般的には、分譲マンションの維持費にはまず「管理費/共益費」があります。これは、管理人がいる場合の人件費、敷地内の清掃をしてくれるスタッフの人件費、さらに共有エリアの電気代など便利なサービスの負担代があります。そして、マンション全体の修繕をするための「修繕積立金」、さらに「駐車場代」があります。

もちろん、マンションの大きさによってこれらの維持費にはバラつきがありますが、ここでは一般的にファミリータイプといわれる3LDK(75平方メートル程度)で考えてみましょう。こちらも立地によって多少の違いはありますが、この規模であれば、だいたい以下のようなモデルが考えられます。

・管理費/共益費:1万~2万円
・修繕積立金  :1万~2万円
・駐車場代   :2万~3万円

つまり、分譲マンションの場合、維持費とはおおよそ月4万~7万円程度になるということです。これを1年間で考えると、48万~84万円になるので、住宅ローンの返済も考えると、これはかなりの負担になります。さらに、修繕積立金は築年数が経つにつれて増えていく傾向がありますので、その点も考慮すべきです。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。