更なる「マイナス金利」の強化も…適切な判断が「住宅ローン」を左右する

ライフステージ:暮らし

日銀は2016年9月21日までに開いた金融政策決定会合において、これまで目標としてきた物価上昇率2%が達成できていないことを受けて、短期金利については2016年2月から行っている「マイナス金利政策」(金融機関から預かっている当座預金の政策金利残高に対して-0.1%のマイナス金利を適用する政策)の継続を決定。長期金利については「10年物国債金利がおおむね現状程度(0%程度)で推移するよう、長期国債の買入れを行う」としました。

つまり、これまで実行してきたマイナス金利は継続し、新たに、長期金利(10年物国債利回り)は0%程度で推移させるという目標を示したわけです。果たしてこれが、住宅ローンにどのような影響を与えるのでしょうか。

10年以上の固定期間のあるタイプの住宅ローンの金利は、この長期金利と連動して動いています。長期金利は2016年2月半ばから連続してマイナスとなっており、8月25日から9月21日までの1カ月間では-0.01から−0.085の間を上下して動いています。この長期金利がゼロ%に近づいていくことになれば、金利が上がることになり、住宅ローン金利のほうも上がることが予想されます。

となれば、金利が上がらないうちに住宅ローンを組んでしまったほうがお得? と思ってしまいそうが、急激に上がる心配はなさそうで、慌てて住宅を購入するという必要もありません。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。