オーダーメイドかコスパ重視か?「建売住宅」向きの人と「注文住宅」向きの人

ライフステージ:暮らし
タグ: 住み替え

新築一戸建ての購入を検討している人にとって、「建売住宅」にすべきか、「注文住宅」にすべきかというのは非常に悩むポイントではないでしょうか。

そこで、ここでは両者のメリットとデメリットを比較して、それぞれがどのような人に向いているのかということを明らかにしていきましょう。

建売住宅とはご存知のように、土地と住宅がセットになって販売される新築分譲住宅のことで、計画段階から販売されることもありますが、すでに建築済みの建物が売られるケースも多くあります。

一般的には、ひとつの土地を何区画に分けて、そこに似たような間取り、仕様の建売住宅を複数建てます。規模が大きい場合は、「ニュータウン」と呼ばれるような住宅街全体の開発になることもあります。

一方、注文住宅というのは、まず自分で土地を購入するか、すでに所有している土地に住宅を建てます、建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、それをもとにした施工会社に建築してもらう形態です。価格から間取り、内装、などすべてにおいて自分の予算に見合ったかたちで家を建てることができます。

それでは、建売住宅と注文住宅の双方を価格面から比較していきましょう。

建売住宅のメリットはまずはなんといっても、コストパフォーマンスでしょう。間取りや設備などの同じ建物を複数建てることで、コストダウンが図れるので、個人が同スペックの家を建てた場合よりも価格は割安になります。土地と住宅を一括購入するために、契約手続き等の時間や手間がかからないというメリットもあります。

これに対して、注文住宅のメリットは自由度です。間取りから設備、壁紙などのグレードもすべて自分で選ぶことができるので、価格面に関しては自分の予算に合わせて、削れる部分はかなり削れるというのは強みでしょう。

しかし、その一方で、自分自身が選択したものの、できあがりのイメージが違うということもあるので、設計や建築過程の段階で、自分自身の目で細かくチェックしなければなりません。

また、ハウスメーカーや工務店に設計と施工をまとめて依頼したり、建築事務所に設計と施工監理を依頼し、そこから工務店へ発注したりなど、家を建てていくまでのプロセスがやや手間がかかるというデメリットもあります。

ライフステージ: 暮らし
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。