【田園調布】統一感とゆとりのある美しい町並み。戻ってきたくなる、安心の街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

「この街の魅力は、一度住んだらわかると思いますよ。きっとそのあと違う街に住んだとしても、また必ず戻ってくるんじゃないかな。」

静かな口調でこう語ったのは、田園調布の老舗和菓子店「あけぼの」の店主。

東京に15年ほどに住み、いくつかの街を転々としてきた私。 それぞれの風景や町並みに魅力を感じながら、一度離れた町に戻ることはなかった。

また戻ってきたくなる街……それって一体?

あけぼの店主の言葉の意味を探すように、田園調布の街を歩いてみました。

【田園調布の基本情報】

駅名:東急東横線・東急目黒線「田園調布」駅
ランドマーク:田園調布駅旧駅舎

街の中心地。地域の人に愛される駅上ショッピングセンター「東急スクエアガーデンサイト」

田園調布駅があるのは大田区の最西端。
駅を降りて改札を抜けると、早速整備された洋風の建物が視界に飛び込みます。
これは「東急スクエアガーデンサイト」。

以前は地上にあった田園調布駅が地下化してから、2000年から2004年にかけて「本館・アネックス・南館・北館」と順次開業されました。

▲改札を出ると目の前に見える東急スクエアガーデンサイトの「アネックス」

施設内にはスーパーマーケットやベーカリー、ドッグカフェ、書店、雑貨など、厳選したものを取り揃える店が揃います。

▲東急スクエアガーデンサイト本館1階のフードマーケット「プレッセ」。生鮮食品などに加え、ワインやチーズも充実している

低層階で建設され、町並みとの調和がとれた気品漂う雰囲気が、歩いているだけでゆったりとした気持ちにさせてくれます。

⇒田園調布駅周辺の物件一覧をみる

ちなみに、本館の1階にある「杉養蜂園」は、国産蜂蜜をはじめ、ローヤルゼリーやプロポリス、自然派化粧品などを扱うお店。

蜂蜜を使ったソフトクリームやソフトドリンクも用意されているので、自然な甘さを楽しみながら街を散策するのもいいかもしれません。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。