住宅購入には「頭金」の準備が不可欠…これだけかかる「諸費用」と「税金」

ライフステージ:出産結婚

頭金によっても差が出る…家を買う際に諸費用はどれくらいかかるのか?

これら諸費用として必要とされる金額には、購入する物件のグレードやタイプによりバラつきがありますが、一般的な目安として新築であれば価格の5%、中古ならば10%といわれています。

つまり、頭金を住宅価格の2割と設定したケースであれば、それ以外に1割を諸費用として計上しておけば無難なようです。具体的には、4,000万円の物件を購入するなら、およそ1200万円があらかじめ用意しておくと安心できる額となります。

しかし、住宅購入に高額な費用がかかるのは間違いのない事実ですから、賢くローンを活用することは非常に重要です。

おそらく、多くの方が頭金以外の部分を、金融機関からのローンで支払うのでしょうが、ここでも頭金は大きなウエイトを占めています。一部の金融機関では、頭金が住宅価格の2割以上を超えていたら、2割に満たない場合よりも低金利でのローンを適用していることもあります。

その肝心のローンも審査を通らなければ意味がありません。そこで気をつけないといけないのはショッピングや車などのローンで借り入れがあるかどうかです。もしあるようなら、早めに完済することをオススメします。

また、キャッシングもすべて返済しておいてください。他社でのローンがあると審査で落とされたり、通ったとしてもローン枠を減額されたりすることもあるので注意が必要です。さらに、少々地味ですが、使用頻度の少ないクレジットカードを解約することは審査において大きなプラスになるとされます。

そして、これは金融機関によっては通用しないこともあるのですが、都市銀行やネットバンクなどといった他社の住宅ローンをいくつも比較検討していることを、それとなく担当者に伝えると、「お客様だけですので他言しないでください」と言ってローン金利を下げてくれることもあるそうです。金融業界も他社との競争が激化しているようですから、ダメ元で担当者にアタックする価値は大いにあります。

物件の購入に先だって、頭金の額、返済期間、月々の返済額などを何パターンもシミュレーションしておけば将来的な不安もかなり軽減されると思われます。一生に一度の買い物なら、家族全員で話し合って、慎重に時間をかけて決断するべきです。

ライフステージ: 出産結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。