【品川】仕事も暮らしも「抜け目なし」。つながりや伝統を大切に、変わり続ける街。

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

良くも悪くもすべてのものは「変化」し続ける。
「街」も同じだ。

景観やお店は少しずつ変わっていくし、住人も激しく入れ替わる。
東京のような、「人・モノ・情報」の流れが早い場所ではよけいにそうだろう。

「変化」に抗ったとしても、人や時代に求められなければすぐに廃れてしまう。
「生き残る街」になるには、なにかしらの「変化」が至上命題なのだ。

ただ同時に、変化を受け入れるだけだと、「無個性な面白みのない街ができあがるだけ」な気もする。

「変わることは、街にとって本当に良いことなのだろうか?」
そんな、少し感傷気味な疑問を頭に浮かべながら、今回の取材地「品川」に降り立った。

品川の基本情報

駅名:JR品川駅
乗換えできる路線:JR京浜東北線・根岸線・JR横須賀線・JR山手線・JR常盤線・JR東海道新幹線・京急本線
ランドマーク:アトレ品川

「仕事の便利さ」も「暮らしの快適さ」も抜け目のなし

感傷気味であろうがなかろうが、私に課せられたのは、品川の魅力を調査して、それを記事にまとめること。まずは基本的な品川の魅力に迫ることにした。

品川といえば、まずはアクセスの良さ。
東京の主要都市はどこにでも簡単に行けるし、羽田や成田といった空港にも行きやすい。

▲品川駅、東口からの風景。ルミネなどの大型の商業施設が見える
▲品川駅、高輪口(西口)からの風景。

昼夜を問わず多くの人が行き交う駅周辺は、ビジネスはもちろん暮らしにも便利な商業施設が豊富。
アトレやエキュート品川など、駅直結の商業施設には、食料品・生活雑貨・ドラッグストアの他、グルメ・ファッションのお店がそろっており、日常の買物にも休日のショッピングにも便利。品川は、暮らす場所としての利便性も兼ね備えた場所なのだ。

また、駅近には大人から子どもまで楽しめるエンタメ施設も。

▲マクセル アクアパーク

こちらは西口(高輪口)から徒歩約2分の品川プリンスホテルの敷地内にあるマクセル アクアパーク。
「光と音が織りなすイルカショー」「ライトアップされたクラゲの水槽」「プロジェクションマッピングとコラボしたイベント」など、芸術性やアトラクションの要素が強い水族館で、休日には長蛇の列ができることも。

▲クラゲのエリアの幻想的な雰囲気

品川プリンスホテルは、水族館の他「映画館・ボーリング場・屋内・屋外プール」などが併設された、1年を通して楽しめるエンタメ施設。駅から徒歩圏内にこの規模のおでかけスポットがあるのは、なんとも魅力的である。

品川は西日本から東京への玄関口であることから、「ビジネス街」というイメージを持っている方が多いかもしれない。もちろん、ビジネス街であることは間違いないが、その他の主要駅へのアクセスも良く、紹介したような商業施設が充実していることから「暮らす街」としても人気。

この街と向き合うにつれて、ビジネス一辺倒ではなく「暮らしを充実させる要素」がチラホラと顔を見せてきた。

⇒品川駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。