15年過ぎたら要注意!「給湯器」でわかるリフォーム時期の判断

ライフステージ:暮らし

大切な家をどんなに丁寧にケアをしていったとしても、ある程度の時期がきたらどうしても修繕しなければなりません。そのとき、部分的な修繕でいいのか、あるいはリフォームを考えたほうがいいのか、判断に頭を悩ませるところです。

そもそも、普段の生活に追われていて、修繕する時期自体の判断に悩む、あるいは逃すということも珍しくありません。そんなとき、ひとつの目安となるのが給湯器の交換寿命です。

給湯器はメーカー・機種によって若干の差は出ますが、大体、12~15年が交換のタイミングといわれています。また、給湯器自体の設置場所や排気カバーの取り付け状態などで寿命は変わってくることもあります。

それだけに、交換時期が難しいと思われがちな給湯器ですが、実は給湯器の不具合を判断するのはさほど難しくはなく、着火する時の異音、あるいは温まるまでに時間がかかるようになった……などのいくつかの目安があります。

長年使い慣れていると、これらの“異常”をついつい見過ごしてしまいそうですが、そんなときは使用年月を考えて業者に頼むなどの対処が必要となってくるでしょう。

給湯器は、お風呂や台所など生活基盤のポイントであるだけではなく、安全面においても丁寧なケアと心配りが大切なところなので、ぜひ頭に入れておきたいところです。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。