【元町・中華街】アメリカ・中国・日本――文化が新陳代謝する、住んでいて飽きない街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

元町・中華街。

日本とは思えないような華やかな街並みを眺めると、海外で見知らぬ地を歩くときに覚えるような興奮が呼び起されます。

日本が開国した当時、横浜には外国居留地が築かれ、アメリカ進駐軍の拠点が置かれました。そうして徐々に街に美しい外国の文化が浸透していったそう。そんな背景が、この街に異国情緒が息づく理由となっています。

中華街で賑わいを見せるアジアの熱気、元町から香るヨーロッパの趣。

元町・中華街を歩きながら、長い歴史を経て何層にも折り重なる歴史を体感してきました。

元町・中華街の基本情報

駅名:みなとみらい線「元町・中華街」
ランドマーク:横浜マリンタワー
映画や漫画に登場するスポット:あぶない刑事

東急東横線に通じる「みなとみらい線」

みなとみらい線の各駅停車で、横浜駅から5駅のところにある元町・中華街駅。横浜駅を通るみなとみらい線は東急東横線が直通運行しているので、渋谷方面への移動もストレスがかかりません。

⇒元町・中華街駅周辺の物件一覧をみる

3番出口を降り、横断歩道を渡ると目の前にあるのは絢爛たる佇まいの善隣(ぜんりん)門。中華街の正門とも言える存在です。極彩色の看板が立ち並ぶ通りでは、目当ての中華料理屋を訪ねたり、食べ歩きを楽しんだりと、人々が思い思いに過ごしていました。

横浜の街を見守るようにそびえるのは、横浜開港100周年の記念事業として建設された「横浜マリンタワー」。地上94mの展望フロアから見晴らせる景観は圧巻です。

東京湾と横浜湾から潮の香りが届く「山下公園」

駅から約10分歩いたところにあるのは、1930年に開園した「山下公園」。横浜湾・東京湾が一望でき、「未来のバラ園」が設けられていることでも有名です。春から秋にかけて約190種、2650株のバラが咲き誇ります。

街の沿岸部分を横断するようにつくられた「山下公園」は、広さ約7万4000平方メートル。整備された芝生に挟まれた遊歩道は、横浜マリンタワーから横浜赤レンガ倉庫方面へと真っ直ぐに続いていきます。颯爽とランニングする人や、ゆったりと犬の散歩をする近隣の住人も見かけられます。

バルコニーの白い柵に手を付き海に近付くと、風に乗って潮の香りが届けられました。たゆたう海面を滑るように船が行き交い、向こう岸には雲で白く霞んだベイブリッジが望めます。

港には、かつての豪華客船「日本郵船氷川丸(にほんゆうせんひかわまる)」が停泊していました。海に浮かぶその姿からは静かな迫力が感じられます。月に数回、船内を見学するツアーも設けられているのだそう。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。