【豊洲】大切な人と安心安全な暮らしをつむぐ、潮風薫る街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

今からもう10年以上も前。
お台場でアルバイトをしていた私は、「豊洲駅」を経由して通勤をしていました。かすかな潮の香りに包まれた豊洲は「都会にいながらも『海』を感じられる」、そんな心地良い場所でした。その一方、当時はお店があまり見当たらず無機質な印象もあったため、そこに「住む」イメージはあまり湧きませんでした。

しかし時が経ち、街は大きく変化しました。
新しいマンションが次々と完成し、小学校が開校し、多くの託児所が生まれ……
今や豊洲は「ファミリーが住む街」としてのポジションを確実なものにしつつあります。

改めて街を歩いてみると、あの頃と変わらぬ心地良さに加え、驚くほど便利で住みやすい街に変貌をとげていました。

豊洲駅の基本情報

駅名:東京メトロ「豊洲」駅
乗換えできる路線:ゆりかもめ「豊洲」駅
ランドマーク:アーバンドックららぽーと豊洲

永田町・有楽町から池袋方面まで続く有楽町線は、通勤通学に便利。駅から出ているバスに乗れば銀座方面まで約15分弱で出ることも可能!記事中盤でご紹介する「豊洲市場」にも徒歩約20分ほどで到着します。なお、豊洲市場の最寄り駅・ゆりかもめ「市場前駅」までは2駅です。

豊洲は街がとにかく美しい!

豊洲の魅力のひとつは「街並みの美しさ」。
ここ20年ほどの間で駅周辺は急速に開発が進み、新築のタワーマンションの建設とともに区画も大幅に整備されてきました。道幅が広く歩道も新しいため、小さなお子さま・ベビーカーを押すご両親も歩きやすいのが嬉しいですね。

公園に囲まれた、子育て世代におすすめの暮らし

豊洲駅周辺には大小さまざまな公園があるため、お子さまの遊び場の選択肢がたくさん!ペットと暮らす方は、お散歩にいろいろなところへ出かけられるのが嬉しいですね。

さらに駅徒歩圏内には「ガスの科学館」や「キッザニア」など、子どもの知的好奇心を育む施設が。これも、ファミリー層に豊洲をおすすめしたい理由です。

大型店舗でお買い物もラクラク

駅の近くには「ららぽーと」や「ビバホーム」など大型ショッピングセンターが充実。豊洲在住の方々によると、衣類・家具・食料品や生活用品などの大半をこのエリアで手に入れることができるんだとか。

休日は近所でオシャレなカフェタイムを

SNSで「#豊洲カフェ」と検索すると目に飛び込んでくるのが、海外のお店を想像させる鮮やかなピンク色の外観が印象的なパティスリー・SAKURA。暮らしやすさだけではなく、このようなフォトジェニックなスポットがあるのも豊洲の魅力です。

▲季節に合わせて登場するスイーツや、お土産にぴったりな焼き菓子も充実
ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。