【烏丸】京都を満喫する暮らし。歴史とアートが日常に溶け込む「烏丸」

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

「烏丸」と書いて「からすま」と読む――
10年前関西にやって来て、阪急電車の表示ではじめて読み方を知ったときはとても驚いた。

京都に行く機会が増えるにつれ、聞き慣れなかった烏丸という街のことがいつの間にか気に入り、「京都で買い物やごはんを食べるなら烏丸へ行こう」、そう思うことが増えた気がする。

「京都の中でも都会である烏丸は、遊びに行くには楽しい。けれど、住んでみたらどうなんだろう?快適に住める街なのだろうか?」

いつもとは違う目線で烏丸を歩いてみて、その答えを出そう。
梅田から、いつものようにあずき色の阪急電車に乗って、烏丸を目指した。

烏丸の基本情報

駅名:阪急烏丸駅
乗換えできる路線:阪急京都本線・京都市営地下鉄烏丸線
ランドマーク:錦市場、六角堂

京都の中心地。電車で・バスで・自転車で、京都中どこへでも

烏丸は京都のビジネスと商業の中心。
烏丸に京都支店を置く大手企業が多い他、「大丸京都店」「LAQUE四条烏丸」「COCON KARASUMA」、そして2019年3月にオープンした「SUINA室町」など、さまざまな商業施設が揃う。
烏丸の多くの商業施設は、洗練された佇まいと和の雰囲気をまとっている。
店内にはハイセンスなショップが並ぶ他、スーパーやドラッグストアなどの日常使いできるお店も充実。
ショッピングだけでなく、日常のちょっとした買い物にも便利に利用できる。

⇒阪急烏丸駅周辺の物件一覧をみる

▲大丸京都店とSUINA室町

また、アクセスが良いのも烏丸の強みのひとつ。
阪急電車を使えば乗換えなしで大阪・神戸方面に移動できる他、地下鉄やバスは烏丸と京都市全体を結ぶ心強い交通網だ。

「世界遺産に選ばれている銀閣寺へ行こう」
「紅葉狩りに嵐山へ行こう」
「あらためて清水寺を訪ねてみたい」
などなど、バスや地下鉄で主要スポットにサクッとアクセスできるのも、烏丸ならでは。

▲さまざまな方面へ向かうバスが行き交う

そして、もしこの街に住むのであれば自転車移動もおすすめ。
鴨川や京都御所など、自然豊かな場所に10分も掛からず移動できる。
烏丸は、京都全域を楽しむための拠点のような街なのだ。

⇒阪急烏丸駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。