中古マンション購入とリノベーションの注意点は築年数と予算

ライフステージ:出産結婚

中古マンションを購入して、内装を自分の好みや家族の状況に合わせてリノベーションする。新築に比べてお手頃な価格でありながら、まるで注文建築のような住まいが得られることから、住宅購入を考えている多くの人たちから注目を集めています。

そこで気になるのがリノベーションにかかる予算です。せっかくお手頃な価格で中古マンションを手に入れても、リノベーションで思っていた以上の費用がかかってしまっては元も子もありません。

リノベーションの予算を組む際に重要になってくる点のひとつが、マンションの築年数です。築年数の違いによって必要なリノベーションも変わってきます。

そこで今回は、中古マンションの築年数による必要予算の違いについて見ていくことにしましょう。それに注意していけば、お得な価格でお気に入りの住まいを手に入れることも不可能ではありません。

リノベーションをする前提で中古マンションを購入する際に考えなくてはならないのは、その物件の耐震性や基本性能です。これは築年数によって大きく変わってくることがあります。

耐震性に関しては、1981年に耐震基準が大きく改正され、それ以降に建築された建物はそれ以前に比べて耐震性が上がっています。

それ以外では、1999年に「次世代省エネルギー基準」が制定され、住宅の断熱化率の基準が上がりました(義務ではないので、対応していない住宅もあります)。そして2003年には、新築住宅に24時間換気システムの設置が義務化されました。

つまり、これらの基準改正・義務化の年度より前に建築された住宅は、それ以降に建築されたものより耐震性や基本性能が変わってくることになり、新しい基準に沿ったリノベーションをしようとすると、それにかかる費用が増えてくることになります。

それぞれの改正年度に建てられた住宅を築年数で見ていくと、1981年に建てられたものは築26年、1999年は築18年、2003年は築14年となります。

ライフステージ: 出産結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。