【蒲田】ものづくり・食・映画・銭湯・人情……。独自の文化を育む「人の温かさに包まれる」街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

蒲田という街の名を聞くだけでなぜだか妙に心が踊り出すのは、昭和を代表するあの名曲が頭の中で流れるから。軽快なリズムとメロディーに、「虹の都 光の港……」という歌い出しの歌詞。

「蒲田行進曲」でお馴染みの蒲田は、東京23区で最も面積の広い大田区の中でも中心的な街です。
古くから日本を象徴するさまざまな文化や食がこの街で育まれ、愛されてきました。

同時に最近では駅周辺の開発が進み、現代的な住みやすさと下町情緒を両立する街へと進化しています。
今回はそんな蒲田の魅力に迫ります。

蒲田の基本情報

駅名:JR京浜東北線・東急池上線・東急多摩川線「蒲田」
ランドマーク:かまたえん 屋上観覧車

大田区の中心的な街「蒲田」

まずは蒲田のアクセスや駅周辺の施設など、基本的な情報についてご紹介します。
JR蒲田駅は、JR京浜東北線・東急池上線・東急多摩川線の3線が乗り入れており、東京・上野方面、横浜方面、多摩川方面からのアクセスに便利。

⇒蒲田駅周辺の物件一覧をみる

▲3線が乗り入れ、乗り換えに適したターミナル駅JR蒲田
▲駅前の通り。さまざまな商業施設が軒を連ねる

JR蒲田駅から徒歩約12分の京急蒲田駅を利用すれば、羽田空港までわずか8分で到着できます。そのため、蒲田には空港で働くCAさんなども多く住んでいるのだそう。

また、充実した商業施設も蒲田の魅力。
JR蒲田駅には「グランデュオ」や「東急プラザ」といった駅直結の百貨店が隣接しているので、日常の買い物や週末のショッピングにも困りません。

▲グランデュオ

「東急プラザ」の「屋上かまたえん」には、街のランドマーク「屋上観覧車」が。
建物の屋上に観覧車があるのは、都内でここだけ。
2014年、ビルの工事に伴って一度は閉鎖となりましたが、その後地元の人たちの声を受けて復活しました。

▲屋上観覧車

「グランデュオのレストランフロアでランチを食べ、子どもと『屋上かまたえん』で遊ぶ」
蒲田には、そんな休日の過ごし方があるのかもしれません。

また、蒲田には東京蒲田医療センターや東京蒲田病院、東邦大学医療センター大森病院など、大きな病院があるので万が一のときも安心。
その他、駅チカには大田区役所の本庁・郵便局・税務署などが密集しているため、引っ越し・出産後の手続きなどにも便利です。

⇒蒲田駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。