【亀戸】日常で味わうささやかな贅沢。歴史を守りながら暮らしやすさを追求した街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

秋葉原まで3駅。千葉方面、新宿方面に出やすい亀戸

亀戸駅に乗り入れる路線は、JR総武線・東武亀戸線の2つ。
三鷹駅と千葉駅を繋ぐJR総武線は、船橋や秋葉原、新宿へ一本で向かうことができ、通勤に便利。また、東武鉄道を使えば浅草方面にも手軽にアクセスできます。

⇒亀戸駅周辺の物件一覧をみる

そんな亀戸駅の北口を出ると、目の前に見えるのが「アトレ亀戸」。
地下1階の食料品売り場で晩御飯の材料を買い揃える住人も多いのだそう。
最上階の「屋上庭園そらいどひろば」は、休日になると子供を遊ばせる親子で賑わいます。

北口から高架下を抜けると、右手には朝方の4時まで営業しているドン・キホーテも。
駅周辺で、生活必需品の買い物が完結してしまう亀戸。
こういったところも、この街の住みやすさの秘訣なのかもしれません。

また、亀戸には4つの商店街があります。
中でも駅から一番近いのがここ「亀戸五丁目中央商店街」です。明治通りから660メートル続く通りには、飲食店を中心とした約60もの店舗が軒を連ねます。
通りを覗くと、ベビーカーをゆっくりと押して歩くお母さんの姿が。女性も子供も安心して暮らせる、平穏な雰囲気が漂っています。

安く美味しくお腹と心を満たせる飲食店の数々

亀戸五丁目中央商店街に向かう小道に店を構えるのは、老舗の名店「亀戸餃子」。
メニューは餃子(1皿250円〜)のみで、注文は1人2皿から。
テイクアウトもできるので晩御飯のお惣菜としても活用できそう。

駅から徒歩5分、明治通り沿いにある「わが家の食堂」は、なんと24時間営業の定食屋。手頃な価格で優しい家庭の味を楽しめます。

「わが家の食堂」は、入り口横にずらりと並ぶおかずからから好きなものを選ぶスタイル。
おかずは「きのこ煮込みハンバーグ(328円)」や「マグロぶつ(280円)」、「筑前煮(198円)」など、肉料理から魚・野菜料理まで充実しています。

「596(ごくろう)円セット」は、おかず一品に小鉢、味噌汁が付きその名の通り596円。人気メニューの「卵焼きハーフ(108円)」を付けても696円です。ちなみに、味噌汁は豚汁と変更することが可能。
この店自慢の豚汁は、体に染みる素直な美味しさが魅力です。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。