【調布】不便をなくし伝統を取り戻す。再開発で輝きを増す″映画の街″の暮らし

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

渋谷や下北沢など、東京ではさまざまな駅で再開発が進んでいます。
そんな再開発によって大きく変化した街のひとつが、東京の西部、多摩地域の調布。

再開発は利便性が向上する反面、「古き良きお店や風情が失われてしまう」といったデメリットをはらむもの。調布は、再開発によってどのような街に変化したのでしょうか。また、暮らしやすさはどう向上したのでしょうか。

今回は、街の変化や暮らしやすさを調査するために、再開発後の調布を訪れました。

【調布の基本情報】

駅名:京王線「調布」駅
ランドマーク:深大寺

新宿までたったの2駅。抜群の交通アクセス

調布市は、多摩地域の東部に位置する人口約23万人の街。三鷹市や府中市、神奈川県の川崎市などと隣接しています。

主要駅である調布駅には、京王線が発着し、特急に乗れば新宿駅まで2駅、所要時間たったの15分でアクセス可能です。また、停車駅のひとつである明大前駅で乗り換えれば、渋谷駅にも約15分で到着します。

▲調布駅、駅前の景観

さらに、京王線は都営新宿線との直通運転を行っており、市ヶ谷駅や神保町駅といった東京方面の駅にもダイレクトにアクセス可能。都心から20km以上離れた場所でありながら、主要ビジネスエリアとの往来が快適なロケーションです。

また、調布駅は北口・南口それぞれからバスが発着しており、三鷹や吉祥寺といった中央線沿線に行くのも簡単。調布と三鷹・吉祥寺の中間地点に住めば、駅からは少し離れるものの、京王線と中央線という人気の2路線を利用できます。

さらに、調布市はマイカー利用者にも便利な街。駅から5分程の距離に中央自動車道・調布ICがあるため、遠方へのおでかけの際に重宝します。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。