【ときわ台】板橋の田園調布。豊かで安心した暮らしを生むマイペースな街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

「板橋区の田園調布」。そう呼ばれている街をご存知でしょうか?

その街は、板橋区の南部ほぼ中央に位置する「ときわ台」。
長く東京で暮らす私にとって、板橋は親しみやすい庶民的なイメージがある街。高級住宅街である田園調布とはなかなか結びつかず、正直頭にハテナマークが浮かんでしまいました。

「ときわ台」とはどのような街なのか、暮らしの魅力を探るために、街を散策してみました。

【ときわ台の基本情報】

駅名:東武東上線「ときわ台」
ランドマーク:ときわ台駅舎

池袋を拠点に都心へ約30分で到着。

ときわ台駅には東武東上線が走り、池袋駅まで乗り換えせずに約11分で到着。池袋で乗り換えれば、新宿・渋谷・東京など都心にもおよそ30分でアクセスできます。

改札を出ると最初に目に入るのが、青い三角屋根と大谷石の壁が特徴のレトロな駅舎。2018年にリニューアルされたこの駅舎は、1935年の開業当時の姿が再現されています。駅舎を眺めていると、まるで昭和にタイムスリップしたような気分に。

ときわ台は、駅の北口と南口で全く異なる表情を見せる街。
まずは、住宅街が広がる北口から散策してみます。ちなみに北口の住宅街は、ときわ台が「板橋区の田園調布」と呼ばれるきっかけになった場所。

暮らしに便利がコンパクトにまとまる「北口」

北口を出て最初に見えてくるのが、ロータリーと美しい花壇に彩られた噴水広場。おしゃれな時計台も置かれ、ほのかに西洋の雰囲気が感じられます。

▲駅前ロータリーから乗車できる国際興業バス

ロータリーのバス乗り場からは、東京北部・埼玉南部を運行する国際興業バスが発車。王子駅や赤羽駅方面への移動にも活用できそうです。

また、周辺には、スーパーの「オオゼキ」があります。北口から徒歩2分ほどのところにあるので、仕事帰りのお買い物に重宝しそう。
その他、北口周辺には飲食店・クリニックなどがチラホラ。暮らしに便利な要素がコンパクトにまとまっているという印象を受けました。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。