武蔵小杉駅の魅力とは?圧倒的な住みやすさで人気急上昇中!

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

武蔵小杉駅周辺の住環境、働きやすさ住みやすさ

リクルート住まいカンパニーという企業が調査した「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版」のランキングで、恵比寿、吉祥寺、横浜について4位に輝いた武蔵小杉。この武蔵小杉は最近、ランキングでどんどん上昇しているエリアです。

なぜここまで武蔵小杉駅の周辺が注目を集めているか、それは駅の再開発がどんどん進められて住環境が向上しているためです。ランドマークとして武蔵小杉タワープレイスがあります。1995年にオープンした高層ビルで、1~2階はショッピングエリアになっており、飲食店の他にも医院、郵便局なども見られます。スーパーもいくつかあり、日用品の買い物をすることが可能です。

そのほかにもグランツリー武蔵小杉や武蔵小杉東急スクエアのような商業施設も見られます。また、駅の周辺には緑が広がっており、歩道も幅広く、ベビーカーを押している人同士が問題なくすれ違うことが出来ます。木のアーチが綺麗なので、休日になると散歩している住民も少なくありません。

メリット:緑の広がっている穏やかな街並み
おすすめポイント:武蔵小杉のランドマーク・武蔵小杉タワープレイス

武蔵小杉駅_2

武蔵小杉駅周辺の基本情報

武蔵小杉駅の魅力として見逃せないのは、アクセスの良さです。武蔵小杉駅にはJR南武線と横須賀線、湘南新宿ライン、東急東横線、目黒線の5路線が乗り入れています。横須賀線を利用すれば東京駅まで17分、湘南新宿ライン利用で新宿まで18分、東横線の特急を利用すれば13分でアクセスできます。このように都心の主要な駅に短時間でアクセスできるのは魅力的で、通勤でも通学でも利用しやすいでしょう。

また、武蔵小杉は子育てのしやすい環境にあるのも魅力です。先ほども紹介したように緑の広がっているエリアが多いため、子供の情操教育をするにはもってこいです。しかも駅周辺には保育施設も複数ありますので、夫婦共働き世帯の方でも、子供を安心して預けることが可能です。

そのほか、駅前にはららテラス武蔵小杉という大型複合商業施設があります。生活必需品からファッション、雑貨など販売しているショップが入っており、休日を利用して商業施設でショッピングを楽しむのも良いでしょう。駅チカにある施設のため、歩いてショッピングを気軽に楽しめるのは魅力です。

メリット:緑豊かで落ち着いた街並み・子育てするのに適した環境
おすすめポイント:駅周辺に保育施設が多くあり夫婦共働きでも安心

武蔵小杉駅周辺の家賃相場

武蔵小杉駅の周辺には一人暮らしからファミリー向けまで、様々な間取りの物件があります。一人暮らし向けのワンルームや1Kの物件であれば、7~8万円といったところが家賃の相場になります。夫婦で暮らす物件を探しているのであれば、2DKで10万円・2LDKだと17万円が相場になるのでシミュレーションしておきましょう。子供がいるファミリー世帯が武蔵小杉駅の周辺で物件探しをするのであれば、3DKが13万円弱・3LDKは21万円程度が相場となります。

メリット:一人暮らしからファミリー向けまでラインナップが充実
デメリット:家族向けの物件は家賃がやや高めの傾向
◆東急東横線 武蔵小杉駅の賃貸物件

武蔵小杉駅周辺の一戸建て・マンションの価格相場

武蔵小杉駅周辺でマイホームの購入を検討しているのであれば、まず一戸建ての平均価格は4,300万円となります。ただし、価格帯には幅があり、高い物件では9,000万円程度のものもあります。中古の物件であれば、リーズナブルな価格で販売されているものもあり、1,500万円程度で販売されているものも見られます。

マイホームとしてマンションを購入しようと思っている人もいるでしょう。武蔵小杉周辺のマンションの価格相場は4,000万円程度になります。ただし、マンションの場合も一戸建てと同じく価格帯の幅が広く、安いものだと700万円程度で販売されているのですが、高いものになると1億円を超えるような物件があります。武蔵小杉駅の周辺にはタワーマンションなども建設されているため、このような大規模マンションを購入するとなると、高額になる可能性が高くなります。

メリット:リーズナブルな価格で販売されている物件も一戸建て・マンションともにあり
デメリット:マンションのなかには1億円を超えるような高級物件も
◆東急東横線 武蔵小杉駅の一戸建て・マンション

武蔵小杉駅周辺の坪単価相場

神奈川県川崎市にある武蔵小杉駅周辺の坪単価はここ数年急上昇しています。2016年のデータによると、武蔵小杉の坪単価は286万8000円となり、神奈川県の平均の坪単価は77万6000円となっているので、県平均の3倍以上の価格です。

また、前年と比較すると神奈川県全体では0.66%下落しているのに対し、武蔵小杉駅周辺の坪単価は5.42%上昇しています。2010年から坪単価は急激に上昇していて、ここ数年も毎年6~8%程度坪単価の価値が上がり続けています。神奈川県内でも、今注目すべきエリアであることがわかります。

メリット:近年急激に坪単価が上昇している
デメリット:神奈川県の平均坪単価と比較して3倍以上の高値
◆東急東横線 武蔵小杉駅の土地

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。