【日暮里】豊かな文化と便利な暮らし。日常のささやかな楽しみが無数に散りばめられた街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

日暮里は知る人ぞ知るカルチャーの発信地。
江戸時代には庶民の行楽地として愛され、明治から平成まで、さまざまな文化を生み出してきました。

そんなこの街は、約10年前に行われた再開発により「暮らす街」としても注目を集めています。
駅東側にそびえる近代的なビルと西側に残る情緒あふれる面影のコントラストは、新旧が降り混ざるこの街の「今」を象徴しているかのよう。

カルチャーの発信地として有名な「日暮里」の暮らしとはどのようなものなのか。
街を散策しながら、その魅力を確かめてきました。

【日暮里の基本情報】

駅名:JR山手線・JR京浜東北線・JR常磐線・都営日暮里・舎人ライナー「日暮里」・京成電鉄本線「京成日暮里」
ランドマーク:日暮里繊維街・谷中銀座商店街

■都心のあらゆる拠点にダイレクトにアクセス可能

山手線や京浜東北線など、全5路線が交わる日暮里駅は、都心のあらゆる拠点へダイレクトにアクセスができる至便な地。常磐線を使えば千葉や茨城にも1本で足を伸ばせます。

2008年に開業した都営日暮里・舎人ライナーは、これまで移動が困難だった足立区の舎人周辺と都心を繋ぎ、重宝されています。さらに駅前にはバスターミナルがあり、浅草や錦糸町への移動も便利です。

また、京成日暮里駅から成田空港第二ビルまでの移動時間は最短で36分。空港へのアクセスも抜群で、出張の多い方の拠点としても便利な街です。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。