分譲マンションより安定価格でリフォームも自由自在!東京都内で「建売住宅」を買うメリットとは?

東京都内の新築分譲マンションの価格が上昇を続け、それに引きずられるかたちで中古マンションの価格も値上がりが止まりません。

国土交通省が2018年9月5日に発表した2018年8月分「不動産市場動向マンスリーレポート」によると、東京都区部の新築マンションの平均価格は、月ごとで見ると乱高下を繰り返しているものの、長期的に見ると緩やかに上昇しています。2018年7月の平均価格は7,271万円で前年同月よりも1.5%下落しています。

2012年には5,000万円台前半を推移していましたが、2018年になると6,000万円後半から7,000万円中盤の範囲で上下しています。

中古マンションのほうも、東京カンテイが2018年8月23日に発表した「三大都市圏・主要都市別/中古マンション70㎡価格月別推移」によると、東京23区内の中古マンションの価格(70㎡換算)は、2012年半ばの3,900万円台を底に以降は上昇を続け、2016年10月には5,245万円、2018年7月には5,376万円にまで上がっています。

このようにマンションが新築・中古ともに価格が上昇しているなか、新築の建売戸建の価格はマンションに比べると上昇率は緩やかで、東京カンテイが2018年9月6日に発表した「新築一戸建て住宅平均価格」によると、2018年は東京都内では4,000万円台半ばを上下しており、23区内では6,000万円台前半〜6,000万円後半の間を上下しています。

つまり、以前ならば高嶺の花だった23区内の建売戸建が、マンション価格の上昇によりその価格差が縮まってきており、住宅購入を考える際の選択肢のひとつに入るところまできているのです。

都内の戸建て住宅を購入するメリットは、通勤の便利さはもちろんのこと、なんといってもその資産価値にあります。

一般的に、マンションの販売価格に占める土地の割合は3割、戸建は6割といわれています。つまり、建物が古くなればマンションも戸建も建物の資産価値は大幅に目減りしますが、土地は資産としての価値は古さが理由では目減りしません。

土地とともに購入する建売戸建であれば、将来的に子どもに相続することになった際、そこに新たに家を建てることもできますし、売却して現金化することもできます。

地方の郊外の土地ですと、売却しても買い手がいないということもありえますが、23区内であれば、そのような心配はまずありません。

マンションに比べると駅からやや遠い物件がほとんどというデメリットがありますが、多くの人が夢見る一戸建てを持てるというメリット、そして資産として将来に残せるメリットもあり、都内で家を購入することを考えているなら、選択肢のひとつとして入れておくのもいいのではないでしょうか。

ライフステージ: 出産結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。