購入した土地の一部に隣家の建物が…どうする?「境界線トラブル」の切り札は「筆界特定制度」

ライフステージ:暮らし
タグ: 税金・制度

お隣さんをはじめ、ご近所さんとの付き合いは大切です。大震災発生など、いざというとき、ご近所さんとの連携を欠かすことができないとの意識は、とりわけ東日本大震災以降、多くの人たちの間で急速に広まっています。

しかし、どうしてもお隣さんやご近所さんに対して、イライラが抑えられない方がいるのも事実です。

たとえば、自宅の庭に入り込むお隣さんの植木の落ち葉や、寄生している害虫、自宅敷地内を自由に出入りするペット、敷地内にはみ出して駐輪されている自転車などは、直接的には大きな被害がないとはいえ、気になる方には許せない事案だと思います。

また、お隣さんの敷地内に設置されている排気口が自宅方向に向いていたり、お隣さんの住宅の影が自宅の庭にかかることが原因で揉め、トラブルにまで発展することもあります。できればそうならないように、なんとか話し合いで穏便に事態を解決できれば問題はありません。

ただ、いくら丁寧にお願いしたとしても、丹精込めて育てた植木や、家族同然に大事にしているペットに対して非難されたと受けとられてしまえば、こじれることもあります。その後、お隣さんという逃げ場のない相手と険悪な雰囲気が延々と続くこともありえます。

そこで、不要のトラブルを回避するため、お隣さんの敷地との「境界線」に塀や仕切りを建てることは必要かと思われます。

もちろん、トラブルの真っ最中なら、境界線に塀を建てることでお隣さんが異議を唱えるケースも十分にありえるでしょう。それでも、法律的に塀を設置することはできますし、設置費用の半分を請求することも可能です。

その際、お隣さんからは「どうしても塀を建てたいなら、ご自分の敷地内でどうぞ」と無理をいわれるかもしれません。

ここで大事なポイントは、隣人の反対があったとしても、互いの境界線上に塀を建てることが認められているということです。

逆に、あまり事を荒立てたくないとして、お隣さんのいいなりに自宅敷地内に塀を建てると、本来の境界線と塀の間の土地がお隣さんの所有になってしまう危険があります。塀を建ててから20年間、土地をそのまま放置すると「時効取得」として、お隣さんに土地所有の権利が発生するからです。

ライフステージ: 暮らし
タグ: 税金・制度

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。