重い瓦屋根の家は地震に弱い?「屋根の重さ」と「耐震性」の関係性…基礎構造や地盤も要注意

ライフステージ:暮らし

名古屋城が震度6強で倒壊する可能性が高いと市の調査で発表され、今後、耐震補強工事を進めていくということですが、自慢のお城が倒壊する可能性があることに、多くの名古屋市民が心を痛めていることは間違いありません。
名古屋城倒壊の可能性の一因として上げられているのが、建物の「頭」にあたる部分。具体的には瓦の重量です。

二度に渡って震度7の激震に見舞われた熊本でも倒壊した家屋の多くが瓦屋根だったため、伝統的日本家屋に住む人びとのなかからは、不安の声があがっているのも事実です。

「瓦屋根の重量大=倒壊の可能性が増す」とは簡単には結論づけられないのですが、やはり瓦屋根の重量は耐震には大きくかかわってくるようです。

当然ですが家屋の屋根は瓦だけではなく、ほかの素材を使用することも少なくありません。

たとえば、スレート(最近では、セメントなどできた人工スレートが多い)と呼ばれる材質を使用しているケースが数多く見受けられますが、このスレートの場合、1㎥(※立方メートル)あたりの重量はおよそ20㎏といわれています。

一方で瓦は約60㎏とされていますから、単純計算で3倍重さの違いがあるわけです。

屋根の部分の重量が重ければ重いほど、地震の際の建物の揺れは大きくなりますから、やはり瓦材を使っている場合、建物にかかる負荷が大きくなってしまうのは仕方ないことのようです。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。