部屋を借りたい期間が1年未満の人に便利!家賃も相場より安い「定期借家契約物件」

ライフステージ:転勤

「定期借家契約」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは家を賃貸する際の契約形式のひとつで、一般的な「普通借家契約」とは異なります。

「普通借家契約」は契約期間が1年以上、一般的には2年契約で、2年後に契約更新をすることで借り主はその物件に住み続けることができます。その際、貸主はそれ相応の正当な理由がないかぎり、契約更新を拒むことができません。

一方、「定期借家契約」は、契約期間が過ぎたら借り主は必ず家を明け渡さなければなりません(貸主と借り主の双方が合意のうえで再契約をすれば住み続けることは可能)。

この「定期借家契約」は2000年3月に施行された制度で、まだ知名度が低く、物件数も非常に少ないのが現状です。

また、どちらかというと貸主側にメリットが多い賃貸方式なのですが、物件の探し方や借り方によっては借り主のほうにもメリットがあり、これを上手に活用すればお得に家や部屋を借りることができます。

「定期借家契約」の物件にはどのようなものがあるのでしょうか。

マイホームを持っている人が転勤などで一定期間、家を空けなければならないとき、その期間だけ家を賃貸に出したい場合に「定期借家契約」は便利です。

一般的な「普通借家契約」では、貸主の都合で契約を解除することができないため、転勤から戻ってきても自分の家に住むことができなくなってしまうかもしれないからです。

また、一般的な賃貸マンションでも、家賃を滞納したり、近隣の住民に迷惑をかけたりするような借り主が最近は増えています。それを防ぐために、契約期間を終えたら自動的に部屋が明け渡される「定期借家契約」を条件にしている物件も出てきています。

もちろん、問題のない借り主であれば、再契約することで住み続けてもらうこともできます。

ライフステージ: 転勤

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。