売却時の価格は、どのように決まる?不動産価格の種類と決まり方

ライフステージ:投資

マンションや一戸建ての住宅、土地などを売りたいと思ったとき、まず一番気になるのがその価格です。

自分が所有する不動産はいったいいくらで売れるのか、その価格はいったいどのように決まるのか、金額が大きいだけにとても気になるところです。

一口に「不動産の価格」といっても、実はいくつか種類があります。主に以下の4つがあり、それぞれ意味や金額が異なります。

・査定価格
・売却希望価格
・売出価格
・成約価格

「売却時の価格」と「成約までの期間」の相関図

所有する不動産を売却しようと考えた際、最初に相談に行くのは、一般的には不動産売買の仲介を行う不動産会社です。

そこで、不動産仲介会社がさまざまなデータから計算して、このくらいの価格なら売れるだろうと算出するのが「査定価格」です。

不動産仲介会社が査定価格を算出する際には、「レインズ」と呼ばれる不動産情報交換のためのオンラインシステムを参考にします。

これは、国土交通省から指定を受けた全国4か所の不動産流通機構が運営しているコンピューター・ネットワークで、現在売りに出されている不動産情報やこれまでに売買が行われた物件の、価格を含めた情報を検索することができます。

また、レインズは会員となっている不動産仲介会社しか利用することができないシステムで、不動産仲介会社は不動産の価格査定を依頼されると、このシステムを使って周辺地域で同じような条件の物件情報を検索し、それ以外に路線価や固定資産税評価額、物件の状態なども参考にしながら、査定価格を算出します。

ただし、同じシステムを使っているからといって、不動産仲介会社なら査定価格が同じになるというわけではありません。

ライフステージ: 投資

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。