【鶴見】横浜と川崎に挟まれた「穴場」。歴史深いランドマークが育む居心地の良い暮らし

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

「あれ、なんだか生活しやすそう」
それが、駅の改札を抜けて最初に思ったこと。

ここは神奈川県横浜市に位置する「鶴見」。駅前には商業施設が集い、多くの人でにぎわいを見せる街です。しかし横浜と川崎の間に位置している駅でありながら、案外「どんな街かよく知らない」という人も多いのではないでしょうか?

実は私もそんな一人。
仕事で横浜方面に来ることはあっても、これまでこの駅に降りたことはありませんでした。

街に訪れたときに最初に感じた「生活しやすい」という印象。
その真意を探るために、「鶴見」の街を散策してみました。

【鶴見の基本情報】

駅名:JR京浜東北線・鶴見線「鶴見」、京浜急行電鉄本線「京急鶴見」
ランドマーク:總持寺(そうじじ)

■横浜駅までは10分で到着。2駅利用可能で利便性も抜群

JR京浜東北線と鶴見線が走る鶴見駅。隣駅の川崎には4分、神奈川のターミナル駅でもある横浜駅へは10分で行くことができます。
さらに、快速が止まる鶴見駅は都内へのアクセスも良く、品川へは18分、東京は28分、秋葉原は33分と乗り換えなしで到着。
また、JR鶴見駅から徒歩5分ほどのところには京浜急行電鉄本線が通る京急鶴見駅があり、泉岳寺・品川~三崎口間の移動に利用できます。行き先に合わせて2駅使い分けできるのが嬉しいですね。

駅の東口と西口にそれぞれバスターミナルがあり、市バスと臨港バスが発着。近隣へのちょっとしたお出かけはもちろん、新横浜や菊名、綱島への移動にも活用できそう。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。