【用賀】都会だけど“気取らない“。緑地に包まれたマイペースに暮らせる街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

田園都市線で大学に通っていた私にとって、「用賀」は身近にあるけど実はよく知らない街。同じ学校だった友人は、今でも何人かこの街に住んでいます。

「気取らないから楽なんだ」
用賀ってどんな街なの?と聞くと彼らが揃って口にするのがこの一言。

「世田谷=おしゃれ」と無条件に思っていた私は、それを聞いてますますこの街のことがわからなくなりました。
そんな「気取らない」用賀を知るため、街中を歩いてみることに。そこにはどんな暮らしの魅力があるのでしょう。

【用賀の基本情報】

駅名:東急電鉄 田園都市線「用賀」
ランドマーク:世田谷ビジネススクエア

■渋谷まで約14分。半蔵門線直通でアクセス抜群

田園都市線が走る「用賀駅」。
隣駅は世田谷を代表するおしゃれタウンの二子玉川があり、渋谷までは約15分で到着します。また、渋谷からは半蔵門線に直通しており、表参道・大手町にも乗り換えなしでアクセス可能。通勤や通学・休日のお出かけなど、どこに行くにも便利なのが魅力です。

駅前にあるバス乗り場からは東急バスが発着。
区内の移動で利用できるほか、渋谷や恵比寿方面に行くときに活用できそうです。

■ランドマークと商店街に見守られる用賀駅周辺

用賀のランドマークといえば、28階建ての高層タワー「世田谷ビジネススクエア」。地下の商業フロアにはスーパーの「東急ストアフードステーション」が入っています。
駅から直結しているので、仕事や学校帰りのお買い物にとっても便利。1993年の完成以来、用賀に暮らす人々の生活を見守り続けています。

駅周辺には深夜1時半まで営業している「FUJIスーパー」と、2軒の「OKストア」があるなど、スーパーマーケットが充実。ライフスタイルに合わせて上手に使い分けできそう。

また、100円均一・ドラッグストアなど日用雑貨店が駅前に密集しているのも嬉しいポイント。生活に必要なものはほとんど駅周辺で揃えることができます。

⇒用賀駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。