【川崎】お店・公園・行政サービスが揃うパーフェクトな暮らし心地。週末も家族で引きこもりたくなる街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

東京と横浜のちょうど真ん中にある街「川崎」
交通の利便性は抜群なのに、今まで住みたい街の選択肢に挙がらなかったのは、娯楽を楽しむ活気が溢れた街というイメージが強いからかもしれません。

ですが、川崎に住む友人に聞くと、近年川崎駅まわりの人の流れがガラリと変わり、若い子育て世帯が多く移り住んでいるというのです。

川崎で子育て……。うーん、イメージが湧かない。

さらに調べてみると、「小学生まで子どもの医療費が無料」「保育所の待機児童の数が少ない」など市をあげて対策に取り組んでいることもわかりました。

今の川崎をこの目で見てみたい。
そんな気持ちで電車に乗り込み、街へ繰り出しました。

【川崎の基本情報】

駅名:JR京浜東北線・根岸線・東海道本線・南武線「川崎」・京急本線「京急川崎」
ランドマーク:ラゾーナ川崎・東芝未来科学館

■横浜までたった7分。やっぱり交通の便がいい

JR川崎駅は県内でも有数の、とても大きなターミナル駅です。
東海道本線に乗れば、隣駅の横浜まではわずか約7分。また、東京までは約20分、新宿までは約35分、渋谷には約25分と都内へのアクセスも申し分なし。

JR川崎駅東口から歩いて5分のところには、京急本線と大師線が通る京急川崎駅もあります。
京急本線の快特で品川まで約11分、エアポート急行なら乗り継ぎせず羽田空港まで約30分で行くことができます。出張の多いビジネスマンの方や、実家が地方にある方なども助かりますね。

▲駅西口のバスロータリー

駅の西口、東口には共にバスターミナルがあり、6つの路線のバスが発着。
駅周辺に広がる住宅街の間をバスが網目のように走っており、駅から少し離れた場所にもサクッとアクセスできます。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。